2021年4月21日水曜日

鬼柚子

 今朝、草取りをしていたら、草に埋もれたミカンの木が出てきました。前に植えた4本の中の一本でした。去年は枯れかかっていたのですが、顔を出したのには花が咲いていました。記憶が確かなら、鬼柚子だと思います。鬼柚子は普通の柚子に比べるとかなり大きく、一個の実が夏みかんほどになるようです。もし秋に実がなったらの話ですが。今、ハウスには秋にタネを蒔いた沖縄の島とうがらしも育っています。実もついてます。うまくゆくと、自家製の柚子胡椒ができるかもしれません。それから、ライムも花がついています。こちらは焼酎に絞ればおいしいハイボールができそうです。秋が楽しみになりました。


2021年4月20日火曜日

体験作品窯詰

 体験の作品の釉薬掛けをほぼ済ませましたが、形があまりにも様々で、間がスカスカになってしまいます。箸置きとかの小さなものがあれば良いのですが、あいにく見つかりません。何かないかと思い巡らせたら、大昔造ったスプーンを思い出しました。埃をかぶっていたのを段ボールの箱に入れて離れにおいてありました。もう何年前に作ったのか、化粧をかけて色をつけたのですが、その化粧がうまくあっていたのか、どうなのか、もう思い出せません。ギャンブルになりますが、もうここは試してみるしかありません。駄目元です。スプーンはなかなか手がかかる仕事で、今やれと言われたらちょっと躊躇したくなります。埃だらけですから、刷毛で埃を払いながら釉薬をかけました。中には少し残っていて釉薬がうまく乗ってくれないのも出ました。体験作品の隙間に入れたのですが、50個ほど窯に入ってしまいました。あのスプーンがもし釉薬が剥がれたら、結構ショックだろうなと思います。さっきは駄目元と言ってたのに我ながらからっきし意気地がありません。

2021年4月19日月曜日

体験作品釉がけ

 三月の体験作品の釉がけを始めました。結構な数です。本当はまだ時間があるのですが、少し前倒しすることにしました。何しろ世の中先が読めませんから。都会ではまたまた緊急事態宣言が出そうな状況ですし。連休のお客さんも望めなくなりそうです。それなら、抱えている宿題は早く終えた方が良いのではということになりました。昨日は親戚の訃報が届きました。何年か前にこの屋久島に遊びに来てくれた人でした。その時は元気そうだったのですが。年は少し上かなと思いますが。世の中一寸先のことはわかりません。体験作品を抱えているということは、借金、あるいは宿題を抱えているようなものです。陶芸体験というものは前払いしてもらっていますから焼き上げて送るまでは借金生活と同じです。ここがこの仕事の辛いところです。

2021年4月18日日曜日

停滞

 前に進みません。まさに停滞中。木工の話です。色々道具も新しく仕入れましたが、ことごとくうまくゆきません。作ったり壊したり、切ったり貼ったり。色々なジグを試しますがダメです。工房は取っ散らかるばかり、手持ちの道具が散乱しています。これほど苦戦するとは。もうやめようかと思いましたが、タイルの方はほぼできてます。あとは焼くだけ。ここまできたら引くわけにはゆきません。また、新しいトリマーを注文してしまいました。4000円ほどの安物です。トリマーがこんな値段とは、中国おそるべし。最近中国製が増えています。ビット一本の値段で本体が買えてしまうなんて。数年後には中国経済がアメリカを抜いて一位になるという予想があながち嘘ではなさそうです。安かろう悪かろうだったのが、安くてなかなか良いと変わってきました。日本のメーカー製でも、低価格のはよく見るとメイド イン チャイナと出てます。中国が一位になる頃は日本はインドに抜かれて4位転落だとか。まあ、今この位置にとどまっているのが不思議なのですが。日本は、一度落ちるところまで落ちて、やり直した方が良いのかもしれません。今日の午後の放送で、島から新たに新型コロナの感染者が出たということがわかりました。同じ70歳代男性だそうです。少しずつ観光客が戻り始めていた矢先です。また、去年のような忍耐の日々に戻ってしまうのでしょうかねえ。

2021年4月17日土曜日

週末木工?

久々の木工?デイ。朝は大雨でハウスで種まき。仕事場で、昨日作った皿を仕上げたかったのですが、全く乾いてません。そこでタイルを埋め込むための板を掘ることにしました。ところがやり方がわかりません。苦しい時のユーチューブ。次々ヒントは出てくるのですが決定的なことがわかりません。どんな道具を使うのか。そのためのジグをどう作るか。手持ちの道具は古いトリマーに決定。トリマーは溝を切ったり、板の淵を削ったり、まあ、一通りは使えると思ったのですが。一定の深さで広い面を掘り下げるのは初めてです。結局夕方まであれこれ悩んでしまいました。こんなことでは、何も進みません。木工もそこそこやれると思っていたのですが、陶芸とは大違い。ただ戸惑うばかりでした。明日は少し前進できれば嬉しいのですが。 

2021年4月16日金曜日

 この前、草払い機を使った時チップがほとんどなくなっていたのを、無理して使いました。あの時、体に負担がかかりすぎたようで、二日ほどして、膝が痛くなりました。危ないと思って、晩に練薬を貼ったのですが、その晩は火のように熱を持って、薬がカラカラに乾きました。そういう時はかなり悪くなった時です。翌日の朝の散歩、やはり痛みで引きずるような歩き方になってしまいました。今朝はどうかと心配だったのですがほとんど違和感もなくなっていました。実は慢性化するのではと危惧していたのですが。そんなわけで今日、恐る恐るろくろを蹴ってみました。痛かった方の左足です。脚を使い出すと、何もなかったように回すことができるではありませんか。歳をとると、膝とかに慢性的に痛みを抱えてしまう人が多いようです。テレビとかでもよく膝の痛みに効く薬のコマーシャルを見かけます。あれを見るにつけ、いずれ我が身にもと思わざるを得ません。この年まで酷使してきていますし。今回はなんとかよくなりましたが、次はどうなることやら。年寄りの冷や水と言いますが、無理は禁物だなと改めて、感じることとなりました。

2021年4月15日木曜日

ノバラ

昨日、ビニールハウスの前のノバラの蕾が膨らんでいるのを見つけました。早速、ひと枝摘んで工房の花瓶へ。



すると今朝見事に花開いていました。ピンクのノバラは、大昔、種苗会社のカタログから選んで 庭に植えたのが増えたものです。種子で増えるので、株ごとに花の色。大きさ、咲き方が微妙に違います。今年はビニールハウスの前の株が、蕾がたくさんついて、見事に咲く予感がします。毎年、我が家のノバラを見て、枝を分けて欲しいという声をかけられることが多いのです。その都度、苗を掘ってあげるのですが、案外うまく育つ家は少ないようです。うちではどんどん増えるのですが、環境が合わないと難しいのかもしれません。

2021年4月14日水曜日

クラフトワーク

昨日地杉の板を買ってきました。空港近くのホームセンターに新しくできた材木販売所からです。島の材木にカンナをかけて販売しています。木目の綺麗そうなものを選びました。その材を今日、必要な寸法に裁断しました。作りたいものがあってです。小さなカッティングボード風のコースターです。自分でタイルを焼いて杉材を彫り込んで埋め込む予定です。この前頼まれて作った、包丁置き。自家製タイルを使って木材と組み合わせた大きなものでした。その時培った技術を何か販売用に利用できないかと考えたものです。言ってみれば木と陶のコラボ作品です。近頃木工熱が再燃して、いろいろ作りたいものが出てきました。そんな中で、なんとか生業とつなげるために、アイデアを練った第一弾です。木工も道具を揃え出すとお金がかかります。少しでも資金にできればと思っています。 

2021年4月13日火曜日

怒りのち哀しみ

今朝はカミさんの三度目の抜糸に付き合って病院にゆきました。無事終わって買い物に寄った、農協系スーパーに足を踏み入れると、入り口近くに見覚えあるコーナーがありました。鹿児島からやってきたメガネチェーンです。島には年2回定期的に出張してきます。初めてきた時からお世話になっていて、まあ、お得意さんと言っても良いと思います。今回も二度、直接電話をもらいました。よろしくということで。島の南のスーパーが先だったのですが、伺うことができませんでした、特別今回は必要としてなかったからです。ただ、先日、突然使用中のメガネのツルが取れて、調べるとネジがなくなっていました。仕方なくスペアー用のを外してつけてみるとうまく取り付けることができました。ただ今度はスペアーのメガネが使えなくなってしまいましたが。それをなんとか直したいとは思いましたが。ただそれだけのことにわざわざ手間をかけるのも気が引けて今回は見送りにしました。もう島を離れたものと思っていましたが、まだいたというわけです。みると、お客さんがなく暇そうにしていました。それではと、声をかけて、事情を説明しました。するとさも面倒臭そうにメガネを手にして、ドライバーで軽く締めてはい終わりです。ちょちょっと待ってください。どう見てもネジの頭の形も違いますし、長さも若干違っています。そう説明すると、いえどちらもマイナスネジで一緒ですと言うのです。でも片方は丸ネジでもう一つはヒラネジでしょう。そう言うと締めたから大丈夫と面倒臭そうに言います。まあ、そちらは我慢することにして、スペアーの方のメガネが使えなくなってしまったのですがと言うと、実物を見ないと、ネジはサイズがいろいろあるし、長さも違っているから対応できませんというのです。どう考えても納得できません。だって、目の前にあるメガネについているのと同じネジを1本用意すればすむことですから。その上で、もし合わなかったら、次の機会に持ってきてくださいと言えば済むことなのに。こちらはタダでよこせと言ってるわけではないのです。これまで何本誂えたことか。息子と合わせると数十万円も払っています。そうこうしていると別のお客さんが来たので、こちらも引くしかありませんでした。それにしても、さも年寄りが訳のわからないことを言って来たと言わんばかりの扱いにこちらも頭に血が上ってしまい怒りがなかなか治りませんでした。確か、メガネの調整も承りますとどこかに書かれていたように記憶しているのですが。会場には一人しかいませんでしたから、対応が面倒だということもあったのかもしれません。しかしネジ一本手渡せば済むことではありませんか。まあ、コロナでマスクをしていて、顔を見ることができなかったのでわからなかったのでしょう。もし、丁寧な対応をしてくれたら、新しくもう一本あつらえようという気持ちになったかもしれません。これまでもそんな風に、まとめて3個作ったこともありましたから。しばらくして怒りが、哀しみに変わってきました。心の激発と申しましょうか。こらえ性がなくなったと言いましょうか。よく店員さんに怒鳴っているお年寄りを見かけるとあんなに怒らなくても良いのにと思ったものです。しかし、自分がそんな気持ちになってみると、よく理解できる気がします。心のどこかで、この老いぼれといった蔑みのようなものを敏感に感じて 怒りが燃え上がるのだと思います。そして怒りに任せた後の悲哀も恐らくは味わっているのだと思います、決してメガネのヨネザ◯の教育が間違っているとは思いません。メガネを誂えるということは信頼関係の上で成り立っていると思います。アフターサービスもまともにできないようでは次がなくなってしまいます。どうぞ、お客さんを大切にしてください。御願い致します。ネットでメガネ用ネジで検索しましたら1100個入り、ドライバーやツールがセットで七百円ほどで出ています。一本一円にもなりません。ほんの些細なことでお客さんを失うことになるとは、もったいないことだと思います。

2021年4月12日月曜日

寝不足

 寝不足夕べはあまり眠れませんでした。最近歯茎の調子が悪く、寝るときに練薬を顎に貼ったのですが、刺激であちらこちら、ズキズキして、身をもむような痛み。とうとう朝まで布団で苦しんでいました。そんなわけで頭はぼうぼう。とても陶芸の作業はできそうにありません。それなら、前から気になっていた庭仕事。草だらけでどこから手をつけたものやら。まずは裏の杉山の道路ぎわ、次は家の前に庭、あとは畑周りの道沿いです。どうも刈払機のキレが良くないと思ったらチップソーの刃がほとんどこぼれて無くなっていました。やはり、売り出しで買った安物はすぐにダメになるようです。それでもたっぷり汗をかきましたから夜はぐっすり眠れることでしょう。いやあ、かなり無理をしましたから膝が痛くなりました。なんにしましても無理は禁物です。

2021年4月11日日曜日

道路沿い

 朝、道路沿いの草取りをしました。ビニールハウスの前のピンクのノバラの蕾が膨らんできました。時々余った液肥をあげていたので大きな株になっています。ところがその周りは草だらけ。特にサースがはびこっています。予定外でしたが、スッキリして大満足。工房に下りようと外に出ると、息子が出てきて、ハコバンがやばいという。どうしたのか聞くと、錆びが出始めているとか。確かにスライドドアの下の方に何箇所か、塗装が浮いてボツボツ黄色い点が見えました。工房の前で作業をすることに。まずざっと水洗いして、錆を見つけたところのヤスリをかけて、鉄板を露出させ、サーフェスという下地剤を塗りカースプレーの二度がけ。最後はコンパウンドで仕上げました。なんとか錆びたところは見えなくなりましたが、果たしてどれだけ長持ちするやら。まあ、まめに手入れをしてゆきいと思います。その後、工房で、枝豆とヘチマのポット植えをしました。典型的な週末の過ごし方になりました。午後は木工だぞと思ったのですが、ユーチューブで調べ始めたら止まらなくなってしまい、夕方まで、体を動かすこともありませんでした、良い休養にはなりましたが。

2021年4月10日土曜日

ハウス内外

今朝、ハウスの周りの草取りをしていたら、雨が降ってきました。ハウスの中に移動です。ハウスの中も草だらけです。ハウスの中には色々育っています。入ってすぐにバナナ。これは台風で倒されてほぼ死にかかっていたのがどうにか生き返ってくれました。その後ろにパッションフルール。トケイソウです。去年の秋にもらった在来種のタネを蒔いたところ3本だけ芽が出てくれました。もう実がいくつかなっています。ただ、時計草を栽培している人から、在来種は弱くってねと言われました。在来というから丈夫だと思っていたのですが。奥にはパパイヤが5本。去年もほぼ一年中鳴り続けてくれました。そして、奥の方はドラゴンフルーツです。今年で4年目になりますが、まだ一つも実がつきません。あとは今年3年目の唐辛子やシシトウ。去年の秋にタネを蒔いたナスは実をつけていました、早速今朝の味噌汁の具になりました。それに畑で勝手に出てきたパパイヤの苗。数えると50本ありました。枯れたのもありましたが、まだこれだけ残っています。それにローゼル。こちらはだいぶ枯れてしまいましたがなんとかまだ頑張ってくれています。奥の方に何も植わっていないスペースがあります。今年はスイカを育ててみようかと思います。昔採れすぎて困ったことがありました。あれはビギナーズラックだったのでしょうか。 あの50本のパパイヤどこに植えようか悩ましいところです。

2021年4月9日金曜日

催芽撒き

野菜の種の催芽撒きというのをやって見ました。去年、オクラの種を取っておいたのが、ハウスの中で雨をかぶって、勝手に芽が出てきて驚きました。それで、芽を出させた種を植え付ける方法があることを学びました。まずはトウモロコシからです。一晩水につけた後、濡れたガーゼに包んで発泡スチロールの保冷箱に入れて陽の当たるところに置いておきました。夜はお湯を入れたペットボトルを入れて保温しました。すると二日ほどで芽が出てきました。今朝はそれをポットに植えつけました。あとは、枝豆とヘチマです。枝豆の方は一晩で芽が膨らんでいる様子です。ヘチマは今の所、変化は少ないのですが、だいぶふやけてきたようです。この方法は直接種を蒔くよりも、発芽がしやすくなるようです。ちょっと面白くなって、また幾つか別の野菜の種を注文してしまいました。一昨年は、すべて買った苗で育てたのですが、去年は種をポットに蒔いて育てました。そして、今年は催芽してから蒔くことを覚えました。一歩ずつですが、うちの野菜づくりも進歩しているようです。 

2021年4月8日木曜日

ソーサー

 ソーサーを挽きました。コーヒーカップのです。あまり造らない丸い形でした。それに合わせたソーサーをどういう造りにしようか迷ったのですがフラットで縁を少し起こした形にしました。こちらもあまり造らない形です。最初は新鮮で、面白かったのですが、なんとなく違和感を感じて、夕方見るといつもとあまり変わらないものになっていました。息子は手癖でそうなるのだろうというのですが。いや、むしろ目癖ではないかと思うのです。長い間に出来上がった、好みのようなものでしょうか。例えば人間国宝の人の展示会を見に行っても、若い頃の形の癖は亡くなるまで変わることがありません。つまり繰り返し同じような造形をしているということです。ただ、時間を重ねると、それがこなれて、深みになってゆくように思えます。繰り返しの美学とでもいいましょうか。そんなふうに重ねてゆけたら良いなあと思うのですが。

2021年4月7日水曜日

ミツバチ

 月に一度、農協が集金に来ます。工業用の電気代です。この地域では農協が電気の管理をしています。先月まで来ていた人とは別の人でした。顔の見覚えはありませんが、あちらはこちらを知っているようでした。突然、ミツバチは飼っていないのかと尋ねられました。どうやらはまっている様子でした。スマホの写真を見せながら色々話をして来ました。簡単だから、やってみたらということのようでした。確かこの辺りでは上の方に住む人が飼い始めたと聞きました。この近辺ではあまり見かけませんが。やるのだったら日本ミツバチが良いとも。飼いかたのコツとか、細かい話までして帰ってゆきました。数年前でした。家の壁の中に蜜蜂が巣を作ってしまい、追い出すのに苦労したことを思い出しました。早速ユーチューブで見ると、巣箱の作り方から飼い方まで、細かく出て来ます。確かにそれほど難しくはなさそうです。ちょっと興味が湧いて来ました。でも、ただでさえ手が回らないほど忙しいのに、ミツバチまではとても手が回らない気もします。近頃屋久島で大流行りのミツバチ飼育。悩ましいものです。

2021年4月6日火曜日

種まき

 今朝は種まきをしました。ハウスの中で。花と野菜です。花はルドベキアとエキナセア、それにヒャクニチソウとケイトウです。ヒャクニチソウとケイトウは毎年育てています。特にヒャクニチソウは毎年蒔くのですが最近はなかなかうまく育ってくれません。調べると、連作を嫌うようです。ルドベキアは大好きな花で、工房の庭にも毎年花をつけてくれます。最初はタネから育てたのですが、今では宿根草として根づいてくれました。ただなかなか増えませんから、こうして種をまくのですが、いつの間にか消えてしまいます。野菜はかぼちゃとスイカです。前に一度蒔いたのですが、あまり芽が出ませんでした、再挑戦になります。だいぶ暖かくなりましたので今度はうまくゆくと良いのですが。

2021年4月5日月曜日

木工のち陶芸

工房で箱作り。本当は昨日で終わる予定でしたが。朝の4時から10時までかかってしまいました。思いの外手こずりました。材料に切り出しが狂っていて、組み立てるとかみ合いません。ビスケットジョイントという方法ですが、ずれてしまって、歪んだ箱になってしまいました。コンパネを切るために墨付けをするのですが、その墨がうまく入れることができなかったようです。もう少し勉強しないとまともな木工はできそうにありません。午後はコーヒーカップを挽きました。今回はちょっと形を変えて、丸みのあるカップを作ることにしました。トンボを使わず、フリーで作ります。注文ではありませんから。ここにきてぼちぼちお客さんが来てくれます。若い人が多いようです。あまり売上にはつながりませんが、活気が出て来たような気がします。

2021年4月4日日曜日

雨のち晴れ

 朝のうちは雨でしたが、午後になって日が差してきました。やばいと思ってビニールハウスへ走りましたが、案の定猛烈な暑さに植物たちもぐったりしていました。これから、暑さとの戦いになりそうです。ちょっと前までは寒さ対策していたのですが。ここのところ雨が続いて、庭仕事もお休みでした。これからは草との戦いになりそうです。

2021年4月3日土曜日

カンタロウ

 カラスのことです。近頃夕方工房の前に集まってきて、啼きます。一体何を目的に集まるのでしょう。今日は少し早い時間。午後の体験の最中でした。工房の下に、昔牛小屋があった、今は廃屋になっているところがあります。一時は猿の群れの溜まり場になっていました。工房の周りには我が家を除いて家がありません。動物たちにとっては格好の遊び場であり、ねぐらでもあります。あのカラスたち、まさか誰かの臨終を待っているなんてないでしょうね。まだまだやり残したことがたくさんあります。もうひと花咲かせたいと思うのですけど。

2021年4月2日金曜日

経過

おとといの手術のその後です。カミさんの指です。今朝病院で診てもらったところ、順調とのことでした。ただ、実は手術の時点ではかなり悪かったようでした。あそこまで癒着していることは滅多にないと言われたそうです。痛かったでしょうとも。だから、手術はかなり手こずったようでした。今となっては一安心ですが。これから先、二週間は手を使えないそうです。当分、家のこと、引き受けなければならないということでしょう。ここへきて体験の予約が多くなっています。次男の世話と、工房と、しばらく忙しい日が続きそうです。 

2021年4月1日木曜日

家事

カミさんの片手が使えないので、昨日から家事を手伝っています。炊事は長男が分担して、こちらは次男のシモの世話が主ですが。洗濯物干しはカミさんが片手で頑張ってくれます。こんな時こそ助け合わなければ。幸いカミさんの手は痛みも出てこないようで一安心ですが。そんな折、今度は福岡の娘に心配事が起きました。孫たちが熱を出していたのですが、それが治ったら、娘が鼻に炎症が出て、抗生物質が合わなかったようで、かなり悪化しているということです。なんとかこれ以上悪くならないと良いのですが。近くにいたら、貼り薬を練ってあげられるのですが。飛んでゆくわけにもゆきません。遠くで祈るしかないようです。 

2021年3月31日水曜日

手術

 今日は手術日でした。カミさんの手の。腱鞘炎で痛がっており、病院で診てもらったところ、手術をすることになりました。その運転手です。麻酔をするので運転はダメということで。手術そのものは10分ほどで終わったようですが、準備や検査、そして術後の観察で、9時から2時過ぎまでかかってしまいました。その間。買い物をしたり、車で時間を潰したり、その後の用事で、家に帰ったのは夕方でした。今日で3月も終わりです。つまり年度替り。これからしばらくはカミさん、手を使うことができそうにありません。当分、家のことを息子と分担しながら、なんとか乗り切りたいと思っています。

2021年3月30日火曜日

ぐい呑

ぐい呑を作っています。昨日から 挽き始めました。ゆっくり蹴ろくろを回して作ります。前回は小ぶりのものでしたが、今回は作り慣れた大きさです。口を少し波打たせて、手づくり感を出すようにしています。ぐい呑を作ると、今度は片口がつくりたくなります。昔は徳利が好きでしたが、最近は片口ばかりです。近頃はあまり徳利を使う人がなくなりましたから。徳利で燗をつけることが面倒臭い時代になってしまいました。今は片口に入れてチンが手っ取り早いようです。我が家では毎晩焼酎のお湯割りを呑んでいます。昔は焼酎6にお湯4ぐらいでしたが、今は焼酎2にお湯8という薄いものになりました。これでもちょっと呑みすぎると朝起きるのがきつくなります。なんとも情けないことになってしまいました。

2021年3月29日月曜日

大忙し

 昨夜次男が珍しくもどしました。服から布団まで汚れてしまいました。貼り薬を練ったり着替えさせたり大騒ぎ。それでも今朝は早く目が覚めて、4時から庭の草取り。散歩の後のスムージーはお休み。そのぶんたっぷり庭で過ごせました。その後、水道が止まったので川に。修理のついでに、タンクを空にして大掃除。工房では昨日の木工の後始末の後、窯出し。作品を磨いて、荷造りです。午後は、次男にシャワーを浴びせて、後はろくろ作業。ぐい呑を久しぶりに挽きました。超多忙でしたが、充実した一日でした。暖かくて蚊が飛んできて何度か刺されました。いよいよ夏が・・・。

2021年3月28日日曜日

週末木工

朝からの雨で畑は諦めて、週末木工です。とは言っても、離れに置いてある材木を、大雨で取りにゆけません。そこで道具の手入れです。先日、ホームセンターの安売りで買った中国製のスライド丸鋸がきれません。国産の専門メーカーの刃に付け替えてみました。なんとスイスイ切れるではありませんか。もう一つ、何十年も使っている日曜大工用の丸ノコも刃を変えてみました。あまり使われてないサイズで、やっと見つけたのですが、思ったより変わりませんでした。もう一。壊れたジグソーを新しくしました。今日が初づかいです。実は奮発して、専門メーカーのちょっと良いものを手に入れようと思っていたのですが、ネットショップのタイムセールに思わずポチッとしてしまいました。中国製の信じられない廉価版です。刃だけは専門メーカーの評判の良いものをつけました。レーザーがついていてLEDまで備えておりとてもそんな値段とは思えませんでした。中国製おそるべし。切れ味もツルツルです。ジグソーといえば切り口ガサガサと思っていたのですが。世の中進歩してますねえ。午後、やっと雨の止み間に、離れからベニヤを運んで、今日も箱作りです。前に作ったのが意外と評判が良いので、少し低いものを作ることにしました。今日は材料を切りそろえるところまで。あとはまた、来週のお楽しみです。 

2021年3月27日土曜日

 今朝も畑ではなく庭の草取りでした。今日で二番目の庭はほぼ終了です、次は一番目の庭が待っています。こちらは主に庭木が植わってますから、その株元の草取りです。昨日はレモンの花が咲いているのを発見したのですが、今朝はライムが花をたくさんつけているのに気がつきました。去年草に埋もれていたのを助け出したものです。お日様の恩恵を受けると植物は元気になるようです。何本かのバラも大きくなっていました。枯れたのもたくさんありますが。今朝、足元にヒメヒオウギが花をつけていました。もうそんな季節になっていたのですね。最後にデュランタを剪定しました。手鋸を使ってゴシゴシと短く切りました。ずいぶん切り詰めましたが秋になるとまた大きく茂っているのでしょう。植物のパワーには圧倒されます。

2021年3月26日金曜日

レモン

 庭のレモンの花が咲き出しました。去年は初めて肥料をあげたためか結構実がつきました。今年はまだ肥料はやってませんからどうなるでしょう。今朝も、レモンの周りの草を取りました。初めて気がついたのですが、コバノズイナも花を咲かせています。それにチェリーセージも花が咲き出しています。すぐ近くに植えておいたガウラはいつの間にか消えてしまいました。今年は花壇にはアゲラタムが広がっています。植物たちも栄枯盛衰。咲き誇るものもあれば消えてゆくものもあります。年ごとに変化してゆくのも面白いものです。

2021年3月25日木曜日

棚卸し再開

ここ数ヶ月お休みしていた棚卸しに行ってきました。ホテルが再開したからです。とは言ってもまだまだお客さんは少ないようでほとんど動きはありませんでしたが。まあ、これからぼちぼち売り上げが伸びてゆけば良いと思います。帰りに、先日オープンしたドラッグショップのライバル店に寄りました。空港近くで、すぐ近くにに両店舗が並ぶように営業しています。前に出店した方の店はさすがにお客さんが減っていて、駐車場もガラガラでした。それでもかなり商品の価格を下げて、ライバル店に負けないようにと頑張っています。さて、新しい方の店はどうかと通り過ぎながら様子を伺うと、こちらもオープンの頃よりも駐車している車が減っているようでした。同じ客を取り合うのですから、分散すれば減るのは当然のことでしょう。このまま、共倒れにならないことを祈っています。 

2021年3月24日水曜日

蚊取り線香立て

以前からホテルより頼まれていた蚊取り線香立てを作りました。屋久島の形でということでした。そこで色々考えて、縦型でやってみることにしました。屋久島の形に切り抜いたタタラをお皿にしてそこに置くというのでは面白くありませんから。しかし立てるとなるとなかなか難しいことが出てきます。どうやって屋久島の形を立てるのか。丸型に近い屋久島ですし、蚊取り線香をどうやってぶら下げるか、安定して置くのにも課題があります。あれこれ頭をひねりながら、なんとか一つだけ形ができました。そして次はどうやって無事焼き上げるか、次から次へと課題が現れてきます。 

2021年3月23日火曜日

花冷え

 朝から冷え込んでいます。鹿児島の北のほうでは、霜が降りたそうです。まさに花冷えといったところでしょうか。昔四月に東京で雪が積もったこともありましたから。ここのところ、ちょっと、うまくゆかないことが重なって、心もふさぎがちです。こんな日和がむしろ落ち着くような気がします。照る日曇る日とも言いますから。

2021年3月22日月曜日

検診

朝から病院へ行って来ました。3ヶ月にいちどの定期的な検診です。時間差でカミさんも同じ病院へゆきました。同じく定期検診でした。お互い歳をとると、あっちこっちガタガくるようです。帰りにホームセンンターへ寄って、ベニヤを何枚か買いました。相変わらずのベニヤ木工です。ベニヤは厚さと大きさが揃っていますから、扱いやすいのです。島でツーバイフォーとか仕上げ済みの木材が手に入るとありがたいのですが。あっても集成材ばかりで価格も結構します。あとは製材だけの荒材だけですから、ついついベニヤを使ってしまいます。週末には何を作ろうか、楽しみなところです。

2021年3月21日日曜日

ファミリー

 昨日、ファミリー手びねり体験をしました。全部で7人、ふた家族でした。なかなか賑やかでした。今日はその後始末から。お皿に絵を描いたり字を書いたりしたのですが、彫りが深過ぎて、突き抜けているものがありました。それを修正しつつ、口辺部の薄過ぎて割れそうなところも修正します。手を入れたように見えないように、それでいて壊れにくくしてあげること。なかなか難しい作業です。そして今日は親子二人の、ろくろ体験が来ましたが、やるのは子供だけ。おとうさんは一生懸命撮影係でした。息子は、母親の湯飲みと自分用のカップとお皿を作りました。お父さんは最後までサポート係。昨日も今日も、親は子供のために一生懸命でした。今時の子育ては本当に丁寧だなというのが感想です。

2021年3月20日土曜日

木の芽流し

雨が多いです。いわゆる木の芽流しでしょうか。芽吹きの頃の長雨をそう呼びます。工房の前のビワが色づき始めました。それを目指して猿が出没します。彼奴らはよく知ってます。美味しいものを。今年は路地にたくさんのパパイヤを植えようと思っていますが、それも奴らが食い荒らすのでしょうか。今の群れは頭が良くて、忍んでおとづれてはそーっと荒らしてゆきます。まるで忍びの者のようです。 

2021年3月19日金曜日

お彼岸

 最近になって鶯の鳴き声が盛んになりました。今年はなかなか鳴かないなあと思っていたのですが。暑さ寒さも彼岸までと言いますが、昼間の暖かさに、エゴの花は満開を過ぎてもう散り始めています。すみれもレンゲも咲き誇っています。庭のナニワノイバラはそろそろ咲き出しそうです。これから一気に春を飛び越えて夏が来そうです。昨日はアゲハチョウがひらひら飛んでいました。工房では、もう蚊が飛んで来ました。

2021年3月18日木曜日

庭仕事

今朝も家の前の庭の草取りです。工房に下りて、なんだか頭痛がして仕事をする気が起きません。痛み止めを飲んで、工房の庭の草取りをしました。外で汗をかくと元気が出るような気がします。午後は体験が一組。手びねりでした。次男も昨日から風邪気味のようで、今日はデイサービスをお休みしました。なかなか、スッキリとはゆかないようです。 

2021年3月17日水曜日

杵柄

午後から久しぶりのろくろ作業でした。それも、蹴ろくろで大鉢に挑戦です。最近は大きなものは電動ろくろを使うことが多くなりました。歳をとって、力もだいぶ弱くなりましたから。若い頃はどんな大きな壺でもガンガン挽いたものでしたが。やってみるとできるものですねえ。昔取った杵柄とはよく言ったものです。それほど苦にもなりませんでした。力が衰えたところは経験で補えるようです。この調子で明日は大皿に挑もうと思っています。

2021年3月16日火曜日

ガーデニング

 今朝はガーデニングです。と言っても畑の草取りから庭の草取りに場所が移動しただけですが。家の敷地に入ってすぐの空間がサースだらけになっていました。サースはシロノセンダングサという名前でしょうか。今は屋久島中に広がって、というか日本中のいたるところで、はびこっている困り者の草です。花そのものは結構綺麗ですが、その繁殖力の強さで油断するとあっという間に覆われてしまいます。できるだけ見つけると抜くようにしてますが、我が家の敷地にも入り込まれて困っています。今朝はほんの片隅の草を取っただけですが、気長に抜いてゆかないといけません。これから暖かくなるとますます広がってゆきますし。抜いた後に何を植えようか。去年は里芋を育てましたが、今年は花を植えたいと思っています。これから観光シーズンが来れば、工房の展示場に花をいけ、できれば庭の花で飾れたらと思っています。

2021年3月15日月曜日

納品

港の近くのお土産屋さんに納品にゆきました。少しずつお客さんが戻り始めているようです。昨日作った、納品箱の初づかいです。近くのホームセンターでサビ落とし用のディスクパットを買いました。マジックで貼り付けて使うものです。ワイヤーブラシををつけるタイプは重くて手の握力がすぐになくなって使いこなせませんでした。良いものを見つけたと嬉しくなりました。帰りに新しくできたドラッグスーパーで買い物です。一部上場の大きなチェーン店でさすがに価格は安いようです。これからの島の客の流れが変わりそうです。工房に戻って早速錆落としをしましたが、使っているディスクグラインダーの回転が高速すぎてしばらく使うとバチッという音とともにヤスリのパットが何処かに飛んで行ってしまいました。怪我をしなくて幸いでしたが、いくら探しても見つかりません。買ってきたばかりだというのに。次に使うときはディスクグラインダーの回転をスピードコントローラーで遅くしてやってみようと思います。なかなか思うようにはゆかないものです。 

2021年3月14日日曜日

クランプ

 箱作りがなんとか終わりました。四つできました。

工房のクランプ総動員です。実は大きいのがまだあるのですが、サビで固まってしまっていました。ガス管を利用した大型のクランプですが。



箱作りを終えて、そのクランプのサビ落としです。あまりの酷さに、時間がかかりそうです。今日は分解するところまで。工具の修理がまだまだ続きそうです。

2021年3月13日土曜日

修理

 週末です。木工です。納品に使う箱を作る予定でした。まず合板を切り分けます。丸ノコを使って。それとホームセンターの売り出しで手に入れた卓上スライド丸ノコの登場です。そこまでは順調。次に持ち手を作ります。ドリルで穴を二つ空け、ジグソーで穴と穴をつなぎます。ところが、ジグソーが動きません。電気がゆかないようです。それではと、糸鋸盤の登場です。かなり錆びていますが。うーん、こちらも動きません。電気は流れているような音はするのですが。どうも錆で、アームが動かないようです。オイルを吹き付けながら、力任せに動かして、そこしずつ動きをスムーズにしてゆきます。最後はなんとか動くようになりました。そこでなんとか持ち手ができました。あとはビスケットジョインターです。こちらは板をはいだり、繋いだりするために溝を切ってそこにビスケットと呼ばれる。チップを圧縮したつなぎを差し込んで使います。ボンドをつけてはめると水分で膨らんでしっかりと固定できるという優れものです。ところがところがこれまたスイッチを入れても応答なしです。つい最近使ったばかりでだったのに。ネットオークションで手に入れた中古品ですが。致し方なく分解してチェックします。色々調べてゆくと、スイッチから電源の間に問題がありそうです。スイッチを押すとつながっているバネで電気が流れるという仕掛けでした。そのバネがどうしても引っかかって戻りきらないことがわかりました。油を注したり、何度も動かしてスムーズになるように工夫しましたが組み立てるとまた引っかかってしまいます。それと、接点を調べたいのですがどうしても最後のプラスティックのボックスを開けることができません。最後の手段で、スイッチが入りっぱなしにすることにしました。一旦オフにすると電気が行かなくなりますが、オンにしておけば動いてくれます。止めるときはコンセントを抜きます。幸い、可動部分は機械本体に収まってますから危険はありません。これでなんとかは箱の溝切りを済ますことができました。今日はほとんど機械修理でした。機械は動かさないとどんどんダメになってしまいます。せっせと働いてもらって色々作ろうと思っています。

2021年3月12日金曜日

手びねり

 久しぶりの手びねり体験でした。この時期に来てくれるのは島を離れる思い出づくりが多いようです。今日の人たちも、島の病院に勤めているとか。それぞれコーヒーセットとカレー皿とラーメンドンンブリ造りでした。一人750グラムの土では少し足りないようで、かなりの薄造りになりました。型を使い高台をつけて外すと、べチャリと潰れてしまいました。大急ぎでもう一度型にはめて、なんとか修正できましたが、原因は明らかに油断でした。いつもは土の紐で支えるのですが、つい大丈夫だろうと手を抜いたのがよくなかったようです。最近このような失敗はしなかったのですが。やはり、楽をしようとすると報いが来るようです。

2021年3月11日木曜日

残渣枠

 今朝できた残渣枠を畑に設置しました。早速野菜の残渣を運びましたが、あっという間に満杯になってしまいました。縦横高さそれぞれ90センチとかなり大きく作ったつもりでしたが。まあ、水分が抜ければ下がると思うのですが。



あとは米ぬかや発酵剤を加えると堆肥になるのも早そうです。去年作ったものも真っ黒な土になっています。土の中からたくさんのカブトムシの幼虫も出てきました。ハウスの横のネギもだいぶ大きくなってきました。



今年で三年目です。一度干してから夏過ぎに植え直します。我が家の畑も自然の循環が出来つつあります。

2021年3月10日水曜日

包装

昨日に続いて器の包装をしました。月末が締め切りの仕事がようやく終了です。夕方から、畑で使う堆肥枠を作り始めました。野菜の残渣を入れて堆肥にするためです。先日買ってきたコンパネを30センチに切り揃え、枠を補強する材木も切り揃えました。あとはビスで組めば完成です。近頃木材で色々作ってますから、だいぶ手際が良くなった気がします。 完成すれば草取りと畑の片付けに弾みがつきそうです。

2021年3月9日火曜日

種まき

 三月一日にスイカとかぼちゃの種を蒔きました。ちょっと時期が早いと思ったのですが、ハウスの中で保温マットの上ですから温度は十分だと思います。ところが一週間以上になりますが全く芽が出ません。毎年袋に書いてあるのよりも一二ヶ月遅く蒔いてましたが芽が出ないということはありませんでした。今回は温度が高すぎたのでしょうか。去年も一昨年もうどんこ病やウリハ虫にやられて、途中で枯れてしまいました。そこで早蒔きしてみたのですが。見切りをつけて今日、ネットで注文し直しました。前回のは農協系のスーパーで買い求めたものですが。生き物ですから、なかなか思うようにゆかないものです。近頃種まきにはちょっと自信がついてきたのですが。まだまだ甘いようです。経験不足が見事に出てしまいました。

2021年3月8日月曜日

残渣

今朝は 大根畑とかぶ、それにラディッシュを片付けました。ほとんど収穫しないうちに花が咲き出してしまったものです。他にも花になってしまった野菜がたくさんあります。ていうか、今年は特に種まきが遅かったために、これから収穫という頃に花が咲いてしまうものが多くなってしまいました。どんどん残渣が出てきそうです。そこで、残渣を貯める箱を作ろうと思います。去年までは地面の上に山にして、ビニールシートをかぶせていましたが、どうしても強風で飛ばされたり剥がされたりします。枠を作って入れるようにしようと、早速建材屋に走りました。カラー合板を買おうと。するとカラー合板の隣に見慣れない合板がありました。店の人に聞くと針葉樹合板とのこと。コンパネはラワンを使っているのですがこちらはヒノキとのことです。前から欲しいと思っていたのですが、島では見かけませんでした。聞くと、最近お客さんからの問い合わせが多いので、在庫を置くようになったということです。価格もコンパネより少し安く、ちょっとした木工にはこちらの方が雰囲気が良さそうです。つい嬉しくなって、何枚か買い足してしまいました。ラワンに比べると少し柔らかいそうですから加工も楽になりそうです。色々作りたいものがまた増えそうです。

2021年3月7日日曜日

ワインクーラー仕上げ

 ワインクーラー仕上げ週末木工の予定でしたが、変更してワインクーラーの仕上げをしました。釉薬の流れがひどくて、三つ、削ったり磨いたりして仕上げるのに1日かかってしまいました。途中ディスクグラーンダーが壊れて修理したりと寄り道しながらです。まず、ダイヤモンド砥石て荒削りして、だんだん細かい目で仕上げてゆきます。細部はヘッドの小さなハンドグラインダーを使いました。昔は電動工具などありませんでしたから、砥石を割ってひたすら手で磨いたものでした。四つのグラインダーを使い分けたのですが、それでも1日かかってしまいました。明日は、制作に戻ることができそうです。

2021年3月6日土曜日

ワインクーラー

とりあえずワインクーラーがいくつか焼きあがりました。釉薬が流れて棚板にくっつかないようにと目土を噛ませたのですが、その目土を乗り越えて流れてしまいました。心配した通りです。下敷きに割れた棚板を置いてたのですが。内側も随分流れてしまいました。形と大きさからの想像通り。焼き上がりの色ももう一つかなと思ってしまいます。まだ目が慣れてないせいもあるのですが 。このあと、流れた釉薬をグラインダーで削って、砥石で仕上げると雰囲気も変わってくると思います。まだいくつか焼いてないのが残ってますので、釉薬のかけ方を変えて再チャレンジしようと思っています。

2021年3月5日金曜日

鶏糞

 昨日出かけたばかりですが、今日も遠出しました。新聞のチラシにホームセンターの売り出しが出ていたのです。目的は安売りの肥料です。売り出しですと半額で買うことができます。実は前に買っておいたのがちょうどなくなるところで、待っていたのです。うちの畑は肥料は鶏糞だけ。他はほとんど使いません。そして、あまり耕すこともしません。前作を抜いた後に鶏糞をバラバラと撒いてあとはたまにスコップを差し込んで前後に揺すって土をほぐす程度です。だから色々な野菜があっちこっちにバラバラ育っています。無精者でいいかげんな人間がたどり着いたやり方です。そんなちゃらんぽらんでもそこそこ収穫ができますし、楽しんで育てることができるのです。今年はニンジンも大根もほとんど口に入りませんでしたが、それもまた一興かと思っています。

2021年3月4日木曜日

DIY

納品に行って来ました。空港近くのホテルへ。しばらく休館していたのですが、近く再開するということで。裏口から入ると、働いていたアジア人らしい従業員たちが、こちらを指差してきゃあきゃあ大騒ぎします。どうしたのかなとキョトンとしていたら、店の責任者が飛んで来て、今ワックスを塗ったばかりだというのです。こちらは、約束した時間に行ったのですが。予定が変わったとかで、塗りたての床を汚してしまったようです。店のレイアウトも変わったということですが、こちらは器を預けて帰ることになりました。そのホテルからちょっと先の元ホームセンターがあった場所を通り過ぎようとすると、何やら店の中に木材らしきものが見えました。車を止めて入ってゆくと、DIY用の木材が並んでいました。まだオープン前とのことですが、値段が書かれているので、もう買うことができますかと聞くと大丈夫だと。島の材木屋はカンナがかかってませんが、ここのは一応仕上げてあります。材木屋よりは少し割高ですが、ホームセンターで売っている、島外品よりはかなり割安です。それに島の杉を使っているようです。ちょうど欲しかった寸法のがありましたから、早速買ってきました。例の皿立て用の材です。もう少し種類が揃うとありがたいのですが。簡単な加工室もできていました。今の所、置いてある機材は、ほとんど、手持ちのものと変わりがありませんが、もっと大型で性能の良い機械が導入されれば、使い勝手が良くなりそうです。隣にはしゃれた雑貨の店と、ラーメン屋さんにカフェもできてました。なんにしてもこれまでなかった新しいタイプのお店です。これからより充実してくれることを祈ってやみません。

2021年3月3日水曜日

適期

遅すぎたようです。野菜の種まきです。普通より二ヶ月以上。ここへ来てようやく育って来たと思ったら、もう花が咲き始めました。大根はまだ根が太ってませんし、人参も芯が入ってしまいました。ほうれん草なんか、まだ赤ちゃんなのに薹が立って来ましたから。昔から棚蒔き時期はいつ頃が良いと言い伝えられて来ました。そんなことを無視して、勝手な ことをやった結果がこの有様です。残念ながらひっこ抜くより仕方なさそうです。前に畑にそのままにしておいたところ、カタツムリが大発生して往生したことがあります。やはり、自然の摂理を無視した報いは必ずあるようです。

2021年3月2日火曜日

スーパー

 昼過ぎに近くのスーパーマーケットに行ってきました。実は、次男のデイサービスを早退させるために迎えにゆきました。別に具合が悪いわけではないのですが、長いこと休ませていましたから、いきなり一日では疲れるだろうということで。その前に買い出しです。確か昨日は船が来たはずですが、棚はガラガラでした。パンもタマゴもありません。三日間欠航が続いた後でしたからお客さんが殺到したのでしょう。そして今日また欠航です。春にこれほど荒れた天気が続くのはちょっと珍しい気がします。風も波も荒れ模様です。幸い、次男は元気そうで何よりなのですが。明日はどんな天気になるのでしょうか。

2021年3月1日月曜日

再起動

 三月一日、今日から再起動です。陶芸体験を再開して、工房の棚の古い作品を処分しました。処分といっても、素焼きをしてから何年も放っておいた器を、壊すことにしました。半日がかりでした。それでも、まだまだこの十倍以上残っています。これからだんだん整理しようと思います。体験工房も前のレイアウトに戻しました。ろくろを四台に減らしてテーブルをセットし直しました。離れと工房にある冷凍庫の中も整理しました。いつまでも入れっぱなしで古くなってしまった冷凍品たちです。なんだか、再生してゆく気がします。

2021年2月28日日曜日

皿立て作り2

皿立て作りです。昨日に引き続いて。ドリルを垂直から20度傾けて穴を開けてゆきます。今日はバカ棒というものを作りました。木の切れっ端を利用して、作るものに合わせて、必要なサイズを印しします。すると、あとはいちいち定規で測る必要がなくなります 。だから測り間違いがなくなるわけです。この技はユーチューブで覚えました。バカでも間違うことがなくなるからバカ棒です。いつも計り違いばかりしてましたから、大助かりです。作業もぐっと早くできますから。なんとか三個できました。



本当は十個ぐらい作りたかったのですが。とてもとても。こんなのを百均で売っているというのですから驚きます。ベトナム製のようです。ただ必要なのは小皿用ですから、百均のサイズですとゴツすぎそうです。今回はホームセンターで売っていた松を使いましたが、実はウォルナットを使いたいと思っています。もう少し上手にできるようになったら挑戦するつもり。ひとまわり大きい皿には幅をもう少し広げようと思います。



送った器がシンガポールのお店に到着したと連絡が入りました。残念ながら皿が一枚かけていたそうです。まだ三分の一しか開けてないそうですから心配です。まあ、屋久島からはるばる外国へ飛んで行ったのですから、多少の破損は覚悟してますが。ここのところの大荒れで三日間船が欠航しています。したがって、お買い上げいただいたオブジェもまだ手元にあります。壊れやすい形ですから、落ち着くまで待ってから荷出ししようと思っています。

2021年2月27日土曜日

週末木工

 先週からの課題が、皿立て作りでした。ところが今日も全然進みません。まず、集塵機を作ろうと色々と試みたのですが、スライド丸ノコの集塵用の穴にあうジョイントが見つかりません。屋根裏や水道パイプやありとあらゆるところを探しましたがうまくゆきませんでした。諦めて、皿立て作りを始めたのはもう3時を回っていました。今回は小皿を数枚、立てて飾るためのものです。百均にゆけば似たようなのが売られているようですが、ここは離島。見よう見まねでDIYで作ろうと思います。ただ、そのまま真似ては面白くありませんから、立てるところを少し斜めにしようと思います。これがなかなか難しいのです。垂直の穴を空けるのはそれほど難しくありませんが、角度をつけるのは難しく、考え込んでしまいました。3月に入ると、おみやげ屋さんやホテルの売店も再開するようです。できればそこのディスプレイ用にもしたいと、思っています。まあ、ここまでもたついていましたから、明日もういちにち頑張ってみようと思います。

2021年2月26日金曜日

オブジェ

 今日はちょっと嬉しいことがありました。長く、工房の展示場にいました、オブジェが嫁にゆくことになりました。6個まとめてです。うち二つはミニの仏像さんです。



それに狼男と犬人間。あとは本を読み親子です。あまりに長くいたので、そこが空くとなんだか急に寂しくなりました。また、新しいオブジェを作ろうという意欲も湧いてきましたが。


2021年2月25日木曜日

盛りだくさん

 よく、動き回りました。朝からクルクルと。畑仕事を4時過ぎから。工房では窯出し、仕上げ、荷造り、宛名書き。途中で次男の点滴に付き合って、午後は昨日挽いたた小皿の削り。忙しいのは有難いことです。次男もだいぶ良くなって、点滴も一応今日まで。カミさんも顔が明るくなりました。暖かい春の陽気。心もウキウキしてきます。昨日とは大違いです。心は日々、ジェットコースターのように上ったり下ったり。もっと、淡々と生きることができれば、と思うのですが。

2021年2月24日水曜日

往診

 昼前に先生が往診に来られて、病院での検査を勧められました。熱の原因がわからないからと。しかし、病院へ行っても、どのような検査ができるのかわかりません。CTとかエコーとか。言葉もなく、当然こちらの意思も伝えるすべのない彼にできるでしょうか。結局血液検査やレントゲンぐらいしか方法はないと思います。どこか痛いところとかはないのでしょうか、一番近いところにいるご両親にもわかりませんかと聞かれても答える術はありません。ある意味、三十数年、よく生き延びて来られたと奇跡的な気がします。一般の人でしたら、まだまだこれからの年齢なのですが、次男の病気ではすでに色々なところで衰えが進んでいます。今後どれほど、生きながらえることができるのか、先が全く見えません。せめて、こっちの体調を崩して、共倒れにならないよう、気をつけねばと思います。

2021年2月23日火曜日

リ スタート

 昨日の夜中39度台まで上がった時は絶望的になりましたが、今朝ケロリと平熱に下がってくれました。次男の体に一体何が起こっているでしょうか。今日も休日にもかかわらず往診に来てくださった診療所の先生も、怪訝そうでした。今後の推移は全くわかりませんが、なんとなくヤマは超えた気がしています。ここのところの仕事も昨日旅立ってゆき、これまでの体験作品も全て窯に入りました。そして、体験はまた3月から再開です。色々なことがリ スタートになりそうです。季節もまさに年度替りですし。これから色々なことが様変わりしそうな予感がします。「一寸先は闇」とは昔から言われてますが、希望を捨てず、光明を見出せるよう、進んでゆきたいものです。

2021年2月22日月曜日

次へ

昨年からかかりっきりだった仕事が、今朝出てゆきました。初挑戦で何度も作り直したり、焼き直したり。途中、窯が壊れたりと色々ありました。おかげで、治験が一つ積み上がった気がします。正直もう少しクオリティーをあげたいという気持ちもありますが、あまりにも高みを狙いすぎると、また、失敗の危険も増しますから、落とし所が難しいものです。70点ぐらいで、よしとしましょう。今朝は次の制作へ向かって、土練機を回しました。小物造りのため柔らかめに。しばらく、小さいものを作りながら、次のステップを考えようと思っています。 

2021年2月21日日曜日

ワインクーラー

 やっとワインクーラーを挽きました。こちらは、来月が締め切りの注文品です。青い釉薬が希望でした。今回、かかりきりだった料理店からも大皿を青でという注文で、頑張ったのですが、なかなか歩留まりが悪く、結局倍近く焼いてようやく納めることができました。ワインクーラーは内側は下に流れますし、外側にかけることができません。どうやって、雰囲気をつけるか、難しいところです。注文は一個ですが、五個ろくろ挽きしました。最後の一個になって土に何かが入っていて、結局練り直して挽き直しました。幾つになっても、失敗がなくなることがないなと、ちょっと情けない気持ちになりました。

2021年2月20日土曜日

診療所

 今朝、行ってきました。次男連れて診療所へ。まずは、PCR検査から。車から下りないで、到着したら携帯から電話。窓にビニールを張ってカーテンにしようと看護師さんが試みますが風に煽られて剥がされてしまいます。手伝いたくても車から降りることは許されません。そのうち諦めて、先生がドアを開けて手を伸ばしてます。そして車の中で次男の鼻に検査用の細いプラスチック製の先の細いものを差し込んで、10数えて終了。車で待つこと10分。結果は陰性でした。もし陽性でしたら、家族全員が検査ということになるのでしょう。それから、診察室へ。今日は休診日で患者さんはゼロ。次男は採血と点滴、と注射。血液検査も白血球もそれほど悪い数値ではないようでした。風邪でもなくコロナでもなく、肺の音も悪くない。それなのになぜ熱が下がらないのか、先生も首をかしげていました。もし、どうしても心配ならば病院を紹介しますよとのこと。しかし、今の段階ではできるだけ大掛かりにはやりたくありませんので、そのまま家に戻ってきました。先生が明日は往診して注射を打ってくれるとのことです。これまで何日も熱が続いてますから、そう簡単には下がらないのでしょうが。焦らず、ゆっくり様子をみようと思います。

2021年2月19日金曜日

熱と光

次男の熱ですが、昨日はなんとか平熱になったのですが、今日になってまた微妙です。37度半ば、一歩間違えばまた高熱が出そうです。本当にしつこい風邪菌。まさかあれでは、と口にすると、長男がもしそうだったら、もう生きてないと思うよとのこと。しかしなあ・・・。心配が尽きることはなさそうです。光回線は、やはり家につながるところで切れていたようです。ただ原因についてはわからないとのこと。何かの動物が噛みきっったとか、何かが強く当たったとか、要するにいくら大風でも、強風ぐらいで切れることはないということのようです。しかし、前にも、上の方の道路ぎわで切れてぶら下がっているのを見ました。なんにせよ、普通であることが実は難しいことで、何かの拍子に一度調子を狂わすと、なかなか元に戻すことが難しいということは間違いありません。ここへきて窯の調子が悪くて、戻すのに苦労したことも同じことだと思います。 

2021年2月18日木曜日

ひかり

 昨日の風で、家の電話もスマホも使えなくなりました。どうやらひかりケーブルが切れたようです。夕方点検すると、家への引き込みのところで線がぶら下がっています。木の枝に揺すられて、外れてしまったようです。家の電話もひかり電話に変えてしまいましたから、通信がダメになってしまいました。前にも近所で線が切れたのを見たことがありました。どうも、細いので切れやすいようです。屋久島は風が強いところですから、心もとない気がします。それに、前は直接NTTに電話すれば駆けつけてくれたのですが、今度はプロバイダーに連絡して、そちらから連絡してもらいという二重構造になってしまいました。なんとも不便なことです。物事は、利便性が増すと、そのぶん複雑になって、なにか起きると、ややこしくなってしまいます。何事もシンプル イズ ベストと思ってしまいます。

2021年2月17日水曜日

もどり寒

 大荒れの天気です。寒さも戻ってきました。台風のような風が吹き荒れています。次男の発熱まで戻ってしまいました。昨日の昼間は平熱でしたが、夕方からまた38度の高熱です。いつもなら診療所へ飛んでゆくところですが、コロナのことを思うと、躊躇してしまいます。明日まで様子を見ることにしました。だって、もし入院ということになったら、付き添い禁止ですから。忙しい看護師さんに世話ができるとは思えません。なんとか熱が下がることを祈るしかありません。我が家も大変ですが、北のほうでは大雪とか。おまけに東北では地震被害。どこもかしこも、弱り目に祟り目状態に見えます。こんな時こそ、冷静にしっかりと、振舞うことが大切なのですが。

2021年2月16日火曜日

サビ落とし

 今日の休憩時間には、ユーチューブで錆落としばかり見ていました。あるのですねえ。錆だらけの工具をひたすらピカピカに磨いている動画が。その人は何本も、品を変え手を変えて色々んものを再生させています。それも信じられないほどピカピカに。ただ、やはり使ってます。色々な道具と材料を。それと時間も。たいていは早送りにしてますから実際のところどれほど時間をかけているのか。使う道具や材料もすごいです。新しいのを買ったほうが安そうです。まあ、古いものをリメイクするのが生きがいなのでしょうから、金に糸目はつけないでしょう。世の中には色々な人がいるものです。うちの錆錆の道具は綺麗にできるのでしょうか。

2021年2月15日月曜日

春の嵐

 強い風が吹き荒れています。朝の散歩も飛ばされそうでした。雨が降った後のこの風。どうやらここだけではないようで、関東地方でも強風警報が出ました。東北ではこれから大雨の予報です。地震の後ですから、地盤もゆるんでいるでしょうから心配です。あの大地震からもう直ぐ10年。ひと昔というのは人間世界の話。地球規模ではまばたきほどの時間に過ぎないのかもしれません。それにこのコロナです。避難時に集まるのも大変だと思います。我が家では次男が8度越えの熱が二日続きました。診療所につれてゆくにも、どうしたものかと絶望的な気持ちでした。幸い今朝だいぶ熱が下がってくれました。ただ、まだぐったりしていますから、油断できませんが。このご時世。日々、なんとか安泰に過ごせることを願ってやみません。

2021年2月14日日曜日

サビ落とし

 休日は木工。皿立てを作りたいと思っていたのですが、なぜか先週に続いて、工具のサビ落しで終わってしまいました。今日はディスクグラインダーを使いました。手持ちのグラインダーはどれも回転が速く、ワイヤーブラシは危険なために、スピードコントローラーで速度を落としたのですが、今度は振動がひどくて長く持っていると手が痺れてきます。ネットで見たのとはだいぶ勝手が違いました。半分諦めて、次はサビ取り剤を探すことにします。そんなわけで今日も木工までたどり着けませんでした。道乗りは遠そうです。

2021年2月13日土曜日

メガネ

 朝から雨。そこで工房で釉薬の仕事をしました。一旦家に戻った後、下りてきましたら突然メガネが落ちました。ツルを止めていたネジが外れて何処かに行ってしまったようです。そこで使っていない古いメガネから外してなんとか直しました。ついでに反対側もドライバーで締めると結構緩んでいることがわかりました。めがねもたまにメインテナンスが必要なようです。工房の工具類も錆だらけですし。こちらは、工房の中に据えてある陶芸の窯も関係しているようです。高温になった時、釉薬に使っている酸化金属が揮発して、鉄のさびを誘発することを最近知りました。こればかりは、仕事柄致し方ないことです。対策としては、まめに道具の手入れをして、油をつけたあげるしかないようです。

2021年2月12日金曜日

ローゼル

雨が降ってましたから、朝からハウスでした。育苗マットの上のローゼルの手入れです。寒さから守るために加温していました。ところがどういうわけか半分ぐらい枯れてしまっています。寒さにやられたのかなと思ったのですが、どうやら逆だったようです。サーモスタットを30度にしていたのですが、土が熱くなりすぎていたことに今朝気がつきました。ポカポカしていたのです。これでは乾燥で枯れてもおかしくありません。ローゼルはアオイ科の多年草ですが、日本では気温が低すぎて越冬が難しいそうです。そんな植物をもの好きにも秋も深まってから蒔いたのですから。チャレンジといえば格好良いのですが、物は試しという単なる興味本位でした。それが思ったよりも発芽が良くて、なんとか育てられないかとハウスの中にもう一つビニールを二重掛けして保温したのです。今の所は半分は生き残っていますからもう一踏ん張り、暖かくなったら、大きく育ってくれると嬉しいのですが。ローゼルはハイビスカスティーの材料になります。ちょっと酸味があって、アジアでは葉を野菜として食べるようです。これでスムージーが作れるか試してみたいと思っています。

2021年2月11日木曜日

ラディッシュとかぶ

ハウスの裏、去年サツマイモを育てた畑です。サツマイモは、おそらく鹿児島で蔓延している基腐病にやられたのだと思いますが、全く駄目でした。その空いた畝に玉葱を植えましたが、こちらもほとんど枯れてしまいました。残った畝には大根とかぶ、それにラディッスを蒔いたのですが、ほったらかしでした。今朝どうなっているかなと、雑草だらけになったところを探ってみたら、かぶとラディッシュは小さいながらも食べられそうなところまで育っていました。大根はまだまだこれからのようです。それにしても草のひどいこと。寒さにもめげず、畑を覆い尽くしています。寒いとは言っても屋久島ですから。今のうちにどうにかしないと、手に負えなくなりそうです。 

2021年2月10日水曜日

ほうれん草

 ほうれん草の苗を植えました。ハウスで育てたものを畑に。トレーには12月1日タネまきと書いてました。ということは二ヶ月前になります。いじけて今にも枯れそうな元気のない苗です。もうひとつ、育苗箱に蒔いたのもあってそちらはかなり大きく育ってもう食べられそうなほどになっています。しかも一ヶ月も遅く蒔いたものです。どちらも木灰をパラパラ蒔いたと記憶しています。蒔いた量の違いでしょうか。それにしてもこんなに差が出るとは。ほうれん草は酸性を嫌うということですがこれほどはっきり出るなんて。そこで、植え付ける前に牡蠣殻石灰と薪ストーブで出た灰を畝に蒔いておきました。これでハウスの苗は全て植えつけました。ちょっと一安心です。ところが、この前、街に出た時、次のタネを買ってしまいました。トウモロコシとスイカとカボチャです。今年は暑くなる前に種まきして、虫の被害を避けようと思ったのですが。去年は虫に悩まされましたので。毎年野菜を育てていると、だんだん虫や病気が多くなるように感じます。なぜでしょうか。それに畑はモグラの穴だらけです。おそらく、ミミズを狙って住み着いているのだと思います。

2021年2月9日火曜日

ブロッコリー

今年初めて育てている茎ブロッコリーがちょうど食べごろになりました。甘くて美味しいので気に入りました。今朝も収穫しました。ハウスでは後から種まきした普通のブロッコリーと追加で蒔いた茎ブロッコリーがだいぶ大きくなったので、畑に定植しました。昨日は小松菜を植え付けました。後ハウスにはほうれん草だ育っています。普通の種まきと比べると2ヶ月ほど遅かったのですが、ここまでなんとか育ってくれました。実は普通春に蒔くローゼルも冬に蒔きました。生き残ったのは3分の1ほどですが、今頃花を咲かせています。ビニールハウスの中ですから火が照ると30度を超える暑さになります。けれど夜には寒い日は6度にまで冷え込みます。温度差が20度以上です。植物たちも生き延びるのは大変だと思います。 

2021年2月8日月曜日

休館

 今日は出かけてきました。。空港の近くのホテルが今月いっぱい休館になり、その間に売店の模様替えをするために、一旦納めている焼き物を引き上げて欲しいと連絡が来たためです。現在屋久島中のお土産屋さんやホテルがお休みしているようです。実際、ほとんど観光客がいませんから。ホテルの器を引き取ったあと、あっちこっちのお店で買い出しをしました。曇り空のせいか、なんとなく覇気がなくかんじられて、こちらの気持ちも沈みがちです。それでも昨年のような異様さは感じられず、なんとなくコロナ慣れして来た感じもします。実際、我々のような観光に関わる仕事以外ではそれほど影響もないのかもしれません。いつ頃再開予定ですかとホテルの人に尋ねましたが、この先どうなるのか全くわかりませんとの返事でした。まあ、当たり前の話ですが。世界中、これから先の予想がつく人なんていないでしょうし。希望だけは失わずに、前を向いてゆきたいものです。

2021年2月7日日曜日

書類棚

今日も木工デイです。昨日の続きで。書類棚作り。昨日切り出した材に、トリマーで溝を掘ったり、ビスケットジョイナーでビスケットを入れるくぼみをつけたり、一つ一つ考えながらなので時間がかかること。それに新しい道具なので使い方がわからず、ユーチューブを見たりで疲れます。それに木工の道具は音が大きく、刃が回っている恐ろしさも手伝って緊張します。一つ間違うと怪我をしそうですし。それに鋸屑がひどくて工房は粉だらけ。今朝はカミさんから、フリースにくっつくと落ちないと言われて、ジャケットを着込んで。今後を考えると粉塵対策を考えないと体にも悪そうですし。なんとか仮組みして見ました。


そのあとボンドをつけて本組みしました。こんな小さくてシンプルな箱物 でも、二日がかりになってしまいました。慣れない作業は思うようにゆかないものです。

2021年2月6日土曜日

畑のち木工

 今朝は苗の植え付けから。ミニチンゲンサイとシュンギク、それにケール。途中雨が降り始めましたが、なんとか終了。おかげで水撒きしなくてすみました。工房では木工。ショップの作業テーブルの下に置く収納棚作りです。紙袋や包装紙を整理するために。材料は裏の物置にあったコンパネです。屋久島では綺麗にかんなのかかった材木があまり売っていません。手に入るのは製材しただけの杉材がほとんど。そこで扱いの楽なベニヤを使うことにしました。ところがそのコンパネが、長い間放置してあったのでひどく反り返っていました。果たしてそんな材料でできるのかちょっと心配になります。今回手に入れたビスケットジョイントを使おうと思うのですが。それを使えば釘やビスを使わず、ボンドとビスケットだけで丈夫な箱が出来るとか。ユーチューブで見てやってみることにしました。今日は材料を切り分けるところまで。あとは素焼きをするための窯づめも。畑のち木工、時々陶芸の1日でした。

2021年2月5日金曜日

冬眠

ようやく目が覚めました。冬眠からです。畑の話ですが。一ヶ月近く足が遠のいていました。寒いのもありましたし、仕事の都合もありました。それがカミさんがブロッコリーやネギを抜いて来て、大きくなっているよと教えられて、心を入れ替えることにしました。今朝、久しぶりに草取りをしました、ハウス脇のネギ畑です。冬で草もそれほど伸びてないだろうと思っていましたが、彼らはせっせと生きていました。去年の暮れに間違えて焼いてしまった草取り鎌に変わって、新しいホーが相棒です。草を取りながら、ネギの土寄せもしました。ハウスには育ちすぎた苗たちが首を長くして待っています。こういう苗を老化苗と言うそうです。今頃畑に移しても果たして育つかどうか。まあ、世間では老化した人が言わなくても良いような発言をして顰蹙を買っているようですが。おとなしく畑の草取りでもして 余生を過ごしてくれれば良いと思うのですが。

2021年2月4日木曜日

サークルカッター

 今日はたたらの仕事です。円いプレートを作りました。まず、スラブローラーで粘土の板を造り型紙で丸く切ります。その型紙はベニヤで作りました。以前はボール紙を使っていましたが、濡れるとふにゃふにゃになってしまうので木で作りたいと思いました。ところが綺麗に丸く切り出すことができませんでした。バンドソーでもジグソーでもどうしても凸凹ができてしまいました。何かないかと探していたら見つかったのがサークルカッターというトリマー用のジグでした。中国製で数千円。ユーチューブで使い方がわかります。早速取り寄せて使ってみると、原理はコンパスのように刃がぐるりと回って切り出すというものです。古い刃だったのでバリがひどいのですが、正円に切り出すことができました。直径も思うままに。今日それを使ってみました。型板よりも少し大きめに切り出した後、型に合わせて、ろくろを回しながら針金で切ると面白いように綺麗な円い形ができます。珍しく狙い通りです。こんなにうまくゆくとは。最近思い通りゆかないことばかりでしたから、明るい気持ちになりました。それにしてもユーチューブのありがたさがわかりました。たいていのことが検索すると出て来ますから。

2021年2月3日水曜日

青釉

 朝暗いうちから釉薬掛けです。青釉はかけ始めたら時間をかけると剥がれてしまいますから。しかも今回はほとんど青ばかりです。何度も失敗を繰り返して、作り直しの焼き直し。いったん調子がおかしくなると、なかなか元に戻すのが難しいものです。なんでもそうだと思いますが。スポーツ選手を見ているとよくわかりまし。あれほど勝ち続けていたのが、調子を崩すと、なかなか立ち直れなくて、ひどい時には体を壊してしまうこともあります。おそらく焦りが、目をくらませて、どんどん迷宮へと誘い込まれてしまうのでしょう。陶芸も同じことだと思います。何年か前にも、作品が割れて苦労したことがありました。土を変えたり、焼き方を変えたり、何度も失敗を繰り返してなんとか元に戻すことができましたが。ただ、実際のところ、今でも何が本当の原因だったかは判明しませんが。我々は研究者ではなく、実践者ですから、結果がよくなればそれ以上追求することはそれほど意味があるとは思えません。今度は、また少し焼き方を変えてみようと思っています。

2021年2月2日火曜日

ヨコハマ

近頃聴いているラジオはヨコハマのFM局。それまで聴いていた東京のちょっとマイナーな局が身売りして、メジャーな局の傘下に入ってしまい、どこかないかなとたどり着いたのです。ヨコハマといっても神奈川といったほうが合っているような気もしますが。ヨコハマには少し縁もありますし。初めてギャラリーで発表したのもヨコハマでした。2人展でしたが。そこで知り合った、お客様とは亡くなるまでの長い縁もありましたし。個展をやるといつも真っ先に来てくれる方もそのギャラリーで知り合いました。一度はヨコハマの老舗のデパートでの個展の話も進めてくれたのですが、東京のデパートが手一杯でとうとう実現しませんでした。屋久島からの帰りに、もちろん列車での移動でしたが、ヨコハマで途中下車して、呑み屋に入ってお金が足りなくなって山下公園で野宿したこともありました。近くの大磯には師と仰ぐ方が住んでおりました。数年前に亡くなってしまいましたが。思い起こすと色々なことが浮かんで来ます。どれも大昔のことになってしまいました。 

2021年2月1日月曜日

削りデイ

一日中、削りです。まずはおとといの皿から。一枚、2キロの土で挽いたのを、800グラムまで。揮発した水分を考えても半分ぐらいになります。それを15枚ですから15キロほど削った計算になります。次は茶碗の削り。茶碗は皿と違って、一気の勢いが大切。勢い余って三つほど底が抜けてしまいましたが。なんとか二つは修理しました。茶碗は轆轤目強めで削り跡もざっくり。一日中同じ姿勢ですから腰が痛くなりました。明日は化粧掛けです。 

2021年1月31日日曜日

茶碗

 今朝は6時過ぎまで一度も目が覚めず、ぐっすり寝ました。昨日体を使ったせいでしょうか。大皿15枚、途中3個、作り直しましたから、18個ぶんの土を練りました。大皿の場合は空気が入るとダメなので、必死で練りました。36キロの土を。この歳でそれだけ頑張るとさすが夜は気を失ったように寝てしまいました。今日も午前中に茶碗を50個。せっせと挽きました。午後は、動く気が起きず、ごろりと横になっって、ユーチューブを見てましたが。木工の動画ですが。最近、木工への、マイブームが再燃して、いろいろ作りたいものが浮かんできます。昔なら、本で勉強するしかなかったのですが、今時はネットにどんな情報でも調べることができます。全く便利な時代になったものです。欲しい材料も通販で買えてしまいますし。ただ、残念なのは先立つものが・・・。「金があるときゃ暇がナイー 暇があるときゃ金がナイー」なんて歌が昔流行りました。「およびでない、こりゃまた失礼いたしました」とか。

2021年1月30日土曜日

追加の皿

 久々電動ろくろで皿を挽きました。前に引いて窯に入れた皿が不運続きで、挽き足す必要が出て来ました。一回目は窯の故障で焼き直したところ今度は焼きすぎ。次は作り足した釉薬の調整がうまくゆかずにピンホールが出てしまいました。そしてその次は本焼き中に棚が割れて、またまた無残な結果に。そのほか茶碗も作り足さないといけなくなりました。落ち込んで、いたのですが、もうそれどころではなくなりました。やるっきゃないというわけです。うまくゆかないときは何度でも作り足すしかありません。火が相手の仕事はアクシデントがつきものです。生きてる限り、戦い続けるしかありませんから。

2021年1月29日金曜日

外出

今年2度目の外出です。ホテルの棚卸と納品に。棚卸といっても来月から、ひと月休館するそうですが。納品といっても、今年になってずっと店を閉めているお土産屋さんです。ただ、ネットショップもやっているそうで、そちらに問い合わせが入ったようです。店は来月から開ける予定とか。島ではどこも観光客相手の店はほぼ休業状態です。もちろん我が工房にも今年何人のお客さんが来たでしょう。ただでさえこの時期は暇なのですが。日本中どこも同じだとは思いますが、世間に出ると、ただただ不安が増すばかりです。いつもなら、島の北のほうまで足を延ばすのですが、今日は空港近くで早々に帰って来ました。鹿児島でも毎日10人前後の陽性者が出ています。おそらくは隠れ感染者はその何倍にもなっているのでしょう。屋久島にだって入って来てないはずはありません。もし、症状が出たとしても、家にこもっていると思います。活気のない街に出ると、どんどんネガティブな気持ちになってしまいます。どうにかならないものでしょうかねえ。何か明るい希望が見えてくると良いのですが。

2021年1月28日木曜日

メインテナンス

 メインテナンス。聞こえは良いのですがほぼサビ落しです。ほとんどの工具が錆びだらけ。それには理由があります。すべての窯は裏の窯場にあるのですが、電気窯だけは雨の心配から室内に入れました。近頃その窯で色釉を焼くことが多いのですが、色を出すために酸化金属を使います。それが高温で揮発すると錆を呼ぶのです。そんなわけで、鉄を使った工具や機械が錆びだらけになってしまっています。先日から、工具を色々使う必要が出来て、引っ張り出しますと、ほとんどが使い物になりません。作業の前にサビ落としから始めます。今日はドリルスタンドを使おうとしますと、サビで動きません。そこでまずはサビ落としから。油をつけながら紙やすりとグラインダーでせっせと磨きます。今は時間がたっぷりありますし。去年暇な時にに車庫を作ったことを思い出しました。また、そんな時間がやってくるとは、思ってもみなかったのですが。

2021年1月27日水曜日

ゴーン ウィズ ウィンド

貯まった体験作品をそろそろ焼き上げて送ることにしました。そのほとんどが去年の年末ちょっと前の、ゴーツーできてくれた人たちの作品です。中には団体さんのものも混じっています。ゴーツートラベルで募集された小規模の団体さんたちのものです。ろくろとろくろの間を広くとって、密閉にならないように開け放って、体験工房を消毒して迎えました。実はこちらとしてもウィールスを持ち込まれないかとヒヤヒヤでしたが、背に腹は代えられませんので。そんなことも今では懐かしい記憶になりつつあります。先日すべての催行取り止めというファックスが届きました。それまでは色々しつこく問い合わせが来たり、確認が来たりでしたが、取りやめになった時はファックス一枚でハイ終わりです。ちょっと虚無的な気持ちになります。一生懸命にやって来ただけにです。それにこちらにはあの時に作られた器が残っています。これをきちっと焼き上げて梱包して送り届けるまでは終わりになりません。今日はその釉薬掛けをしました。国の行ったゴーツーキャンペーンはただ忙しさと感染の危険だけを置き土産にして終わってしまいました。おそらく儲かったのは旅行会社や大きなホテル、交通機関でしょう。我々下層の零細業者は何の恩恵もないまま、今も置き去りになっているのだと思います。国のお偉い方には、本当の底辺で支えているものにも光を与えて欲しいものです。 

2021年1月26日火曜日

暖冬

 今が大寒。一年で最も寒いはずですが、今日もポカポカの暖かさです。雨降りでしたが、日中、一時日が差すと、ビニールハウスの中はあっという間に34度まで上がっていました。大慌てで脇のビニールを巻き上げましたが。ただ、おそらくこのまま暖かくなるとは思えません。また、冬型が来たら山に雪が積もるような日も来そうです。我が家は、家族皆が風邪気味のようです。今朝は次男も熱が出てデイケアを休みにしましたし。それでも今朝も四時から工房で作業をしています。最近暇にもかかわらず、畑よりも工房であれこれやっています。木工もやりたいし、本職も作りたいものが次々浮かんで来ます。ネットのユーチューブも最近は陶芸制作を色々チェックしています。色々な人がそれぞれの場所で、頑張っているのが刺激になります。

2021年1月25日月曜日

風邪気味

 朝が起きれません。年が明けて、すぐの頃は畑やハウスに直行したのですが。ここのところは工房で作業したり、布団でぐずぐずしていたりです。肩こりと偏頭痛がして、もう一つしゃきっとしません。風邪気味なのでしょうか。まさか新型コロナでは。いやいやほとんど人と会いませんし、誰かと口を聞くときは距離をとって、マスクをしますから。昨日も珍しく夕方お客さんが来てくれましたが、マスクをして屋根裏に上がったり、箱詰めしたり、息苦しくて困りました。この屋久島でさえ、こんなに気を使っているのですから、緊急事態宣言が出ている地域では、どれほど大変か。幸い、少しずつ減り始めているようですが、このまま、減り続けると良いのですがねえ。

2021年1月24日日曜日

なんとか

 水道屋さんが来てくれました。なんとか、復旧できました。ただ、これから先どうなってしまうのか、プロも全く読めないということです。あの頃では最高の素材と言われていたものが、いまになって、実は不純物が混じっていて、経年劣化というのですから。一つ言えることは、どんなものもメインテナンスまで考えて作ることが大切ということでしょうか。原発などはその典型です。現在どんどん増え続けている核廃棄物はどこへどのように処理するのか、全く見通しがないまま増え続けています。そこまで話が大きくなくても、プラスティックゴミも環境に大きな影響を与えています。2035年までには日本で、新しく作られる車は脱ガソリン車になるとか。もっと身近なことでは、新型コロナ。いやあ、もうやめましょう。こんなことを考えられるということは、昨日のショックから少しずつですが、戻りつつあるようです。

2021年1月23日土曜日

一難去ってまた一難

 窯がうまくゆきません。なんとか元に戻ったと思ったのですが。今まで起きたことがなかった問題が生じてしまいました。なにが悪いのか頭の整理がつきません。はっきりしていることは、また一から出直しということ。布団をかぶって寝てしまいたい気分です。明日になれば少し落ち着けると思いますが。ちょっと疲れているのかなあ。こんなにきつかったかなあ、もう、弱音が出そうです。少し冷静にならねば!。

2021年1月22日金曜日

リカバリー

 家の方は水道屋さんが忙しいと見えて、まだ来てくれませんが、工房の窯はなんとか修理できたようです。作りかけの包丁置きも予定よりも二日遅れましたがなんとか最後の塗装をするところまでたどり着きました。今の世の中、便利になって、ネットの動画でほとんど学ぶことができます。何度も見直しては頭の中で繰り返し、必要な材料もネット通販で買えてしまいます。以前だと、鹿児島まで探しにゆかないと、どうしようもなかったのですが。逆に言えば、わざわざ島を出る必要がなくなってしまったとも言えます。まあ、コロナ禍の元ではありがたいことですが。色々思うようにゆかない時はあるものですが、そんな時いかに元に戻すか、リカバリーする力が求められているようです。


2021年1月21日木曜日

水漏れ

 家の床下からまた水漏れが見つかりました。去年秋以来ですが、これで4回目です。台所と二階の洗面所、風呂場の次はトイレです。家を建ててくれた棟梁の話では、20年前使った水道管の材料に不純物が入っていて、最近になって、あちらこちらの家で漏水が起きているとのことでした。我が家もまさに同じ結果に泣かされています。先日起きた停電もそれが原因でした。床下に溜まった水に電気が流れて起きた漏電です。家を維持してゆくのは色々な問題にぶつかるものです。しかも何かが起きるとそれがまた次の何かの引き金になるというわけです。いわゆる悪循環。工房でも、窯が突然不調になって、ここ二日、掛り切りで修理しました。窯を焚いている途中でしたから、焼き掛けの器が元に戻るか、心配です。低い温度なら焼き直しもできますが、あとちょっとという、釉薬が融けかかったところですから、厄介です。ダメな時は最初からやり直すことになります。ようやく区切りがついたと思った仕事なのですが、また振り出しに戻ってしまいます。まあ、これも乗り越えないといけない試練ではあるのでしょうが。

2021年1月20日水曜日

発熱

偏頭痛の原因がわかった気がします。どうやら、風邪気味のようです。今朝、隣で寝ていた次男が八度越えの熱を出しました。定期的に熱を出しますが、昨夜も夜中に興奮して、足で床をドンドンしてました。そんな時は大抵、朝、熱が出ます。先日かかりつけの診療所で、熱を出させないでくださいと言われたそうです。今は、厄介ですからと。確かに新型コロナ蔓延で、屋久島でもピリピリしています。これまでも何人か陽性者が出て、鹿児島に運ばれましたから。先日鹿児島の専門家の人が、いまは、どこから来たかではなく、すべての人が感染者ではという気持ちで行動する必要があるということを話していました。ここ屋久島にもおそらく多くの陽性者がいると思います。用心の上にも用心が肝心です。ワクチンの接種もまだ先のようですし。かといって、次男を通所施設に出さないわけにもゆきませんし。この島も高齢者に基礎疾患を持った人、たくさんいます。人との接触を控えて、なんとか、この危機を乗り越えねばと思うのですが。 

2021年1月19日火曜日

木工デー

 包丁置きを作り始めました。板前さんがカウンターで使うためのもののようです。包丁さばきを美しく見せるための道具でしょうから格好良く仕上げないといけません。木工は嫌いではないですが、なにぶん専門外です。枠を作って焼いた青いタイルをはめ込むことにしました。長さ50センチを超える薄い陶板は焼くことができませんので。そこで四つに分けて焼いて、それを木の枠に貼り付けることにしました。その枠作りが今日の仕事です。ベースは狂いが少ない合板を使い、枠は杉材、包丁を置くところにはウォルナットを使います。それらをサイズに切り分けて、接着剤で貼り合わせます。持っている道具を総動員して。色々上手く行かないところも出てきましたが、なんとか形にすることは出来ました。あとは接着剤が乾くのを待って、タイルを貼ってゆきます。なかなか前途多難ではありますが。

2021年1月18日月曜日

偏頭痛

 昨日から頭が痛い。土曜の晩に少し呑みすぎたのが原因だろうと思ったのですが、今朝になっても治りません。肩こりもひどいようなので、風邪でも引いたのかもしれません。カミさんに湿布薬を貼ってもらったら少し良くなったような気もするのですが。息子は血圧じゃないかというので、測ったのですがそれほど高くもありません。そんなわけで、体を動かすのが億劫で、週末はユーチューブばかり見ていました。木工とか、中国の畑仕事とか、最後は陶芸です。たくさんあるものですねえ。色々な人が動画をあげています。中には人気陶芸家まで。ろくろを引いたり、工場見学したり。工場見学は結構面白くて、目を皿にして見入ってしまいました。大きな工場には大勢が働いているものです。それぞれが分業で。釉薬掛けはそればかり、コーヒーカップの把手付けも専門の女性が一日中やっているようです。巨大な窯を二つ毎日焚いているとのこと。人が100人も入れるそうです。人気陶芸家は、もちろん自分でも窯を焼いてますが、工場にOEMで委託生産もしています。よく人気タレントとか有名デザイナーがブランドを立ち上げるような感じでしょうか。我々田舎の焼き物屋が一枚のお皿の注文をもらったり、こんなコーヒーカップはできませんかというのを、必死で作るのとは別世界の話です。世の中には、色々な生き方があることがわかりました。

2021年1月17日日曜日

電気屋さん

 電気屋さん昨日はご苦労様でした。夕方薄暗くなってからの作業でした。なかなか漏電している場所が見つけられずに苦労してましたが、最後に床下に潜って、見つけてくれました。家を建てた時、おそらくコンセントでも取り付けるつもりで、引き出していた線が、予定変更で、床下に置き去りになっていたようです。線の先をちゃんと処理していれば問題ないのでしょうが、おそらく忘れていたようです。それが何かの具合で、床下に触れて、少し湿った地面と触れて、漏電につながったようでした。真っ暗な中、床下での作業本当にお疲れ様でした。工房の方は原因不明ですが。まあ、元に戻ったので良いことにしましょう。色々起きるものですねえ。

2021年1月16日土曜日

停電

昼前に工房の動力の電気が突然落ちました。停電なのか、何か他の原因なのか、よくわかりません。しばらくして、ブレーカーを入れ直すと、なんとか復旧したのですが。午後になって、今度は自宅が停電になりました。やはりブレーカーが落ちてしまいました。入れ直しても、しばらくすると落ちてしまいます。どこかで漏電しているのでしょうか。素人には手に負えませんから、電気屋さんに連絡しましたが。それにしても不思議なことがあるものです。家と工房ではかなり距離があるのですが。もしかすると、何かに祟られているのでしょうか。原因がつかめるまではミステリーです。

2021年1月15日金曜日

結婚記念日

40年前の今日、カミさんと式をあげました。杉並市民会館でした。あの頃は一月十五日は成人の日。式典と重なって随分と賑やかでした。式が終わって、住まいが近かったので、自宅で二次会でした。古い二階家だったので、親父が床が抜けると大騒ぎ。高校時代の友人は酔っ払って泊まってゆくというのを別の友人が無理やり連れて帰りました。思い返せば昭和の良き時代でした。あの頃は東京半年、屋久島半年という暮らしでした。 屋久島での陶芸では全く食べてゆくことができませんでしたので。東京での半年では陶芸教室をやったり、器を焼いて、お店に卸したり。今思えば全く稼ぎがありませんでした。よく結婚などできたものだと無謀さに呆れてしまいます。親にずいぶん助けられたものです。今がちゃんと生活できているかというと、相変わらず、やっとかっとの暮らしに変わりはありませんが。なんとかここまでやってこれたことには、カミさんに感謝しなければならないと思っています。

2021年1月14日木曜日

遠出

今年になって初めての遠出です。冷蔵庫の中が空ですし。カミさんが親指を痛めて、病院にも寄りました。買い物には当分出なくて良いようにと、まとめ買いです。世間は思った通り、マスクを誰もがつけています。島で最も大きなドラッグスーパーのすぐそばに、もう一軒大きな資本の店舗が建設中です。だいぶ進んで開店も近そうです。この島の競争も激しくな流ことは間違いありません。もう一軒、ホームセンターがあった場所も何やら工事が進んでいます。一体何ができるのでしょうか。大型店ができることは利便性という意味では恩恵が広がるのでしょうが、これまで頑張ってきた小規模店舗はどんどん厳しくなります。我が工房もそんな中の一つ。今後果たして生き残れるのか、いやどうすれば生き残れるのか、今が正念場のように思えてきました。 

2021年1月13日水曜日

日記帳

 毎夕、仕事から上がって、パソコンの前に座って、日記を書くのが日課となっています。そのあと、日記帳にもワンコメント書いて、その日記帳も今年で11冊目になりました。昨日、書いたあと、ひょっと見ると、赤字で日付が書かれています。おかしいぞ平日なのにと、チェックすると、なんとまあ、日記帳に2020と書かれています。迂闊でした。今使っているのは去年の日記帳でした。間違いなく、年末に買ったものなのですが。家に帰って、そのことを言うと、アマゾンではよくあると言うのです。まさかそんなと絶句してしまいました。購入履歴を調べましたら、確かに2020年度日記帳と書かれていました。書店でそのようなことは絶対ないけど、ネッツ通販ではよくあるとのこと。大急ぎで買い直しましたが、昨日は腹が立って、収まりませんでした。前に同じようなことがあったのを思い出しました。ある本を買ったのですが、それがまた届いてしまったのです。別のものを注文するとき、前にお気に入りに入れたのが残っていて、合わせて買ってしまったようです。あの時もショックでしたが、ネットの買い物は本当に注意しないと。もう一つ、去年の暮れに、ある絵をオークションで見つけて気になっていました。ある日、その日が入札の期限だったことを思い出して、チェックしてみると、誰かが落札していました。やっぱり、落とされてしまったかと、諦めたのですが、翌日、落札の通知が届いたのです。ビックリしました。自分で落札した記憶は全くありませんから。まあ、欲しいと思って迷っていたことは確かなのですが。ちょっと酔っ払っていましたから、もしかして、入札してしまったのかもしれません。今思い返しても謎です。そんな高価なものではありませんでしたから、これも縁かなと手元に置いて楽しんでいますが。なんにしても、ネットでものを買うときにはよほど注意しなければと思います。

2021年1月12日火曜日

リベンジ

 昨日は、箱物、なんとか繕って、焼こうと思っていましたが、今朝になって考えが変わりました。やり直すことに。これでも、この職業で飯食っているのですから、目先を誤魔化すのは情けないですから。ここは何としてもリベンジです。箱物を作るのは、かなりアクロバティックな技術が必要になります。乾燥中に傷も入りやすいし、蓋が合わなくなったり、釉薬掛けも一筋縄ではゆきません。やっていて次から次へと問題が浮かび上がってきます。それだけやり甲斐もありますが。まず、土作りから始めました。なるべく収縮を少なく、かといって荒すぎず、型もちょっと改造しました。定規も作り直しました。前回は蓋がへたり気味でしたので、中央が高くなるように。それでも流れないように。今はお客さんも来ませんから時間だけはたっぷりあります。明日からは釉薬掛けも待っていますが。

2021年1月11日月曜日

bad day

 よくないことが続く日ってありますよねえ。今日がまさにそんな日でした。色々あるのですが、最も大きなことは、箱物に傷が入ってしまったことです。注文をもらった仕事の一つ、雲丹箱です。料理やさんでウニを入れてお客様に出すものだと思いますが。箱にかぶせる蓋がずれないように受けをつけたのですが、その一箇所に亀裂が入ってしまいました。原因はわかっています。使った特別の土が途中で足りなくなって作り足したのですが、おそらく成分が少し変わってしまったのでしょう。収縮が微妙に違ったのだと思います。やりながら、大丈夫かなと心配していたのですが、その懸念が的中してしまいました。応急手当はしたのですが。次の本焼きが心配です。そこで収縮が違ってしまうと大きな亀裂になってしまいます。そうなったら最初からやり直さないとなりません。これまでやってきたことが水の泡になってしまいます。あの時余るぐらいにたくさんん土を作っておけばよかった。大抵、失敗するときは取り返しがつかなくなってわかるものです。そのほかにも色々あるのですが、愚痴になるので、もうやめます。一生懸命やっていても、うまくゆかない日ってありますよねえ。明日から、気持ちを入れ替えて、進もうと思います。

2021年1月10日日曜日

体験仕上げ

 気がつくと、ずいぶんたまっていました。体験の作品が。まだ仕上げ前のものです。ゴーツーの駆け込みで来られた方達の作品たちです。注文品がひとくぎりつきましたので、半日がかりで仕上げることになりました。ここにきて、首都圏に出た緊急事態宣言の影響から、人の動きがパタリと止まって、島は海の底に沈んだかのような静まりようです。ほんとうに、ひとときの騒ぎだったということを改めて思いしらされました。仕込まれた馬鹿騒ぎは反動も大きいようです。

2021年1月9日土曜日

寝床

今朝は。3時から目が覚めていましたが、寝床から出ることができませんでした。ヤフーの天気予報では、屋久島は四度。若い頃はパッと布団をはねのけたものですが、ぐずぐずしていて、やっと床を離れたのが6時でした。工房に下りても工房の蹴ろくろに座る勇気が出ず、体験工房にある電動ろくろに削り台を据えてしまいました。そちらにはエアコンがありますから、暖房を入れて 。小皿の削りは蹴ろくろの方がずっと扱いやすいことがわかりました。電動では微妙なコントロールが今ひとつ。約5時間かかってなんとか終了しましたが。あとは完全に気が抜けてしまい、夕方まで、ユーチューブをずっと見ていました。最近すっかりはまっています。主に、木工やガーデニングの映像です。本当に色々な人が上げているものです。きりがありません。でもヒントが見つかりますが。ユーチューブってお金になるのでしょうか。実際のところ、どのくらい。必ず、登録お願いしますというのが出てきます。今の時代はブログはもう古いのでしょうかねえ。インスタグラムにツイッターですか。今日のニュースではトランプ氏のツイッターが犯罪を煽るという理由で使用禁止になったとか。死者が出るようなことが起こるのですから、影響が大きすぎますよね。

2021年1月8日金曜日

ミッション

 暮れから手がけている仕事のろくろ作業が今日やっと終了しました。最後は小皿です。昨日挽いた55枚に加えて今日は72枚。そのあと、昨日の皿を削り終えました。あとは明日、残りを削れば、とりあえずは区切りがつきます。今朝は、あまりの寒さに早朝作業に起きることができず、散歩から始まりました。明日の仕事が終わったら、週末はゆっくり過ごしたいと思っています。

2021年1月7日木曜日

寒波

 風が強く、吹き荒れています。日本列島に寒波が襲いこの屋久島も冷え込んでいます。船も飛行機も欠航です。薪ストーブを焚いても、なかなか暖まりません。こんな日は、家で暖房をつけてのんびり過ごしたいところですが、そうもゆかず、離れと体験工房を行ったり来たり。大皿を離れに運んで、体験工房を片付けました。今の仕事もそろそろ先が見えてきました。あと、一種類作れば、とりあえず区切りがつきます。あとは、どうやって焼き上げるか、実はここからが正念場なのですが。

2021年1月6日水曜日

削り

朝から皿を削りました。4時から初めて6時間。全ての皿を削り終えました。今回はろくろ挽きも薄めでしたので、割と早くできました。それに二度削りにしました。最初く粗く削って、少し乾いたあと、厚みを調節します。磁器をやる人は、何度も削ると聞いたことがあります。化粧がけは刷毛目です。流しがけをやると割れてしまいますから。刷毛も3回から4回ぐらい繰り返します。あとは無事乾いてくれると良いのですが。 

2021年1月5日火曜日

雨降り

 雨模様です。散歩も畑もできません。朝から、ろくろ。大皿を挽き終えました。36枚。あとは削りですが、この天気です。今週は続きそうです。夕方から、エアコンをドライにして、一晩乾かそうと思っています。乾きすぎると削れなくなりますし、難しいところですが。皿は成形よりも削りの方が難しいのです。一山超えてまた一山です。

2021年1月4日月曜日

初づくし

正月の三日も過ぎてまた元の暮らしに戻り來たりき。こんな歌が啄木にあったと思います。今日から通常運転に戻ります。と言っても、昨日から畑には下りてましたが。雨が降ってたので、工房で土作りから。土練機を回して大皿用に硬めの土を作ります。その土を使って皿作り。久しぶりに電動ろくろです。同じ大きさ、形に引くためには便利な道具です。午後お客さんも来てくれて、初売りもしました。コロナの影響でしょうか。年末年始と、すっかりお客さんの足が遠のいていましたから、何日ぶりでしょうか。まあ、これからもっとひどいことになるでしょう。忍耐の日々が続くのだと思います。とりあえず、一日よく働きました。今夜はぐっすり眠れそうです。

2021年1月3日日曜日

バンドソー替え刃

工房で断裂したバンドソーの刃を交換しようと、買い置きを探すが見つかりません。ガラクタの山で何がどこにあるやら、年末に整理しておけばよかったと猛反省です。



午後から体験が1組入っていたので準備をして、まだ時間が少し残っていたので、もう一度探したところ、下のテーブルの中に見つけました。すでにネットから注文した後でしたが。早速交換するためにカバーを開けるとものすごい鋸屑。これじゃあ不具合も起きます。本来なら外で吹き飛ばさないといけないのですが、悲しいかな、年寄りには重すぎて、移動できません。ちょっと前までは軽々持ち上がったのに。そこで、ブロアーを吹かしたら、もうもうと工房中に舞い散ってしまい、慌てて、中止しました。簡単に箒で払って、交換しようとしましたが、これがなかなかうまくゆきません。手を切りそうになりながらなんとか取り付けましたが、果たしてうまく動くやら。明日、もう一度、きれいに掃除してセットし直そうと思います。包丁置きを作るためにはどうしても必要な道具ですから。

 

2021年1月2日土曜日

新年初仕事

今年の初仕事です。午後から体験五人。5歳児も混じって、なかなか大忙しでした。山の雪の影響で、午前に変更になったり、7人に増えたり、色々変わって、結局午後から5人で落ち着きましたが。午前中の時間が空いてしまったので、次の仕事の準備を始めました。おたま置きです。たたらで作るために型を石膏で作ります。原型を切り出すための型紙をベニヤで作りましたが、楕円形に切り抜くためにバンドソーで切っていたら、ばーんという音とともにブレードが切断してしまいました。今年の初破壊です。まあ、道具は壊れるものですが。暮れには草刈り鎌もダメにしましたし、どうもここのところ、色々起こります。今朝は次男が熱を出しましたし。慎重に焦らずやりなさいという警鐘でしょうかねえ。

2021年1月1日金曜日

2021初日の出

 元旦の朝の、日の出を拝むことができました。毎年迎える、海から登る日の出スポットです。



今年は随分人が来ました。中には車でわざわざ来た人たちもいました。もちろん、愛犬スズも一緒です。後から来た人から「年寄り犬だな」と言われてしまいましたが。普通、口に出しますかねえ。自分が歳とった時「老いぼれ」と言われるようなものですから。元旦から、愚痴を言うのはやめましょう。カメラにおさめましたが、我がカメラもだいぶ年寄りで、全然色が出ませんでした。隣のカミさんのスマホにはバッチリ鮮やかな茜色が写っているのですが。仕方がないので、パソコンで補正しましたが、まったく雰囲気が出ません。そうそう、今年は猫も一匹混じって、ご来光を迎えていました。近くで飼われているようで、飼い主さんと一緒です。見るとどうやらお腹が大きい様子です。前は日の出、後ろはお月さま、山には雪が積もっています。今年もよろしくお願いいたします。