2021年5月8日土曜日

雨の季節

 ここのところ雨模様の日が多くなってきました。前線が屋久島の上空を上がったり下がったり。その都度、島に雨を降らせます。すでに沖縄と奄美が梅雨入りしました。例年よりだいぶ早いようです。去年の今頃は暑い日差しの下で車庫を建てていました。来週の予報も雨マークが並んでいます。今朝、庭で蕾の膨らんだ紫陽花に絡んだ葛のツルを解いてあげました。我が家の敷地にはたくさんの紫陽花が育っています。人が枝を持ってきてくれたり、買ってきた鉢植えを下ろしたり。中には北の村に住んでいた詩人の奥さんからいただいた甘茶もあります。甘茶はガクアジサイの一種で青い花をつけます。今は亡き詩人の残してくれた置き土産です。彼が書いた聖老人という本に東京から運んできたときの話が書かれていました。それが巡り巡って我が家の庭で花をつけています。彼がこの世を去って、何年経ったことでしょう。島に移り住んだのがほぼ近かったので多くの思い出があります。まだ二十歳をちょっと過ぎた頃でしたから。今日、ある高校時代の友人が亡くなったという知らせが、メールで入りました。今やそういう時代になっているのですね。島に移り住んだ頃の電話は、農業集団電話と言って、数件で一つの回線を使っており、受話器を取ると人が話しているのが聞こえてきました。遠くに電話をかけるときは交換手さんに取り次いでもらっていました。五十年の歳月、振り返ると短いようですが遠い昔の話なのですね。

2021年5月7日金曜日

園芸熱

 近頃、息子が植物に興味を持つようになりました。先日はルドベキアとエキナセアのタネを注文しました。そこで、育苗箱に蒔いて現在工房のベランダで世話をしています。すると、今度は観葉植物を注文したので、鉢を作ると言って、ろくろに向かっています。土も専用の土を頼むというので、色々あるから、ブレンドして使ったらと提案しました。専用の土は安くはありませんし、送料もかかりますから。昔、観葉植物に凝ったことがありました。しかし、次々と枯れてしまい、現在育っているのはモンステラとセローム、ぐらいです。その代わり、巨大化して、庭を占拠していますが。娘も最近福岡の方で色々植物を育てているようです。血は争えないということでしょうか。

2021年5月6日木曜日

モンキー イート

今朝も、杉山から猿の鳴き声がしました。だんだん声が大きくなるような気がします。あの場所が安全と見て大胆になっているのでしょうか。杉山の中には最近マダケ生えています。この時期タケノコが 出てきます。今日、そのタケノコを食った跡を見つけました。おそらく、猿の仕業だと思います。山にはあまり食べるものがないのでしょうか。それで里に下りて悪さをするのかもしれません。朝の散歩の途中で見かける家の庭にチカチカ光る灯を見かけます。すぐそばにはパパイヤがあって、大きな実がなっています。あの実が取られないのはあかりのせいでしょうか。だとしたら、うちの畑にも備えてみたいと思います。爆竹も考えましたが、朝早い時間に鳴らすと眠りを妨げることになりそうですし。パパイヤに実がなるまでにはまだ時間がかかりそうです。それまでになんとか工夫をしないと。パパイヤを大きくすることが前提ですが。

2021年5月5日水曜日

モンキー キャンプ

 今朝も、空が白み始めた頃ハウスの脇の杉山の方から猿の声が響いてきました。やはり間違いなく、あそこをキャンプ場と決めたようです。雨の予報でしたので、何とか降り出す前にパパイヤの苗を植えたいと、汗まみれになって木を切ったり、草を抜いたり。散歩から戻って、ギリギリ降り出す前に20本植えることができました。終わったところで降ってきたので、ラッキーな日ということでしょうか。まだかなり残ってますが、あとは敷地の隅にでも植えてゆこうと思います。工房では昼前に釉薬と化粧土を作りました。我が工房の基礎になる大切な材料です。午後はその化粧を小皿や鉢に掛けました。今日が連休最終日。今年も、閑散とした日が続いてます。去年ははあまりに暇だったのでガレージを作りました。あれからほとんど進展のない一年が過ぎてしまいました。この先どれほどこんな暮らしが続いてゆくのでしょうか。国はオリンピックに向かって進んでいるようですが。今日は北海道でマラソン大会のシュミレーションをやったようです。鹿児島では聖火リレーに関わった6人の感染者が見つかっています。先日、屋久島で3人の感染者が出たあとは、ほとんどの人たちがマスクをしていましたが、ここにきて、外している人を見かけるようになりました。そりゃあそうですよねえ。今日のハーフマラソンの沿道にも多くの人が出ていましたから。あれを見たら、気持ちが緩むのも仕方がありません。「喉元過ぎれば熱さを忘る」とはよく言ったものです。この国はオールジャパンでどこに向かっているのでしょうか。水木しげるの戦争体験を描いた漫画に「総員玉砕せよ」というのがありました。兵隊たちを死に追いやったあと、司令官だけが戦場から上手に生き延びるという話でした。なんだか、今のこの国を見ているように思えて仕方ありません。一億火の玉。欲しがりません勝つまでは。そんな言葉が浮かんできました。

2021年5月4日火曜日

モンキー パラダイス

 今朝、残りのパパイヤの苗を植えるところを作るため庭の整理をしていたら、すぐ側の杉山の方から、ギャーギャーという猿の鳴き声が聞こえました。まだ夜が明け始めた頃合いですから、どうやらその辺りで夜を過ごしているようです。まさか我が家の敷地をねぐらにしていたとは。どうりでハウスの中を荒らしたわけです。おまけにこちらはあと25本のパパイヤの苗を植えてゆこうというわけです。カミさんにその話をしたら、「お猿の楽園ね」と言われてしまいました。確かにこのままではそういうことになりそうです。確か国有林と民有地の間に南部林道を通した時、猿と人との住み分けというのも建設理由の一つだったと思います。それが今では平然と猿の群れが下りてきて、この辺りを荒らしています。つまり目的は達成できなかったということでしょうか。そのほか観光とか伐採時期がきた杉の搬出という理由がつけられていたと思います。島では自然破壊ではないかということで反対運動も起きていました。あの時反対を押し切って進めた工事は本当に結果を出しているのか、疑問に感じてしまいます。過去には、石油備蓄基地とかロープウェイとかの話が出ては、反対運動で頓挫しました。そして、今は馬毛島問題というのが起きています。いつの時代にも何らかの政治が絡んだ、問題が尽きないものです。どのような選択が良かったのかは、時間が過ぎて見ないと見えてきません。なかなか判断が難しいと思います。とりあえず、現実問題としては、果たして我が家が猿の楽園になるのだろうかということです。平穏に住み分けできることが、理想なのですが。

2021年5月3日月曜日

サイレント モンキー

今日は一日、畑仕事でした。ビニールハウスの脇の畑に里芋を植えました。去年収穫して残しておいたものです。思ったよりも量が多くて、午後までかかってしまいました。現在、茄子が植わっていて、青シソも出てきているので、スコップで土をほぐしながら植えました。里芋の横には、こちらも去年収穫した残りの生姜を植えました。コンパニオンプランツと言って相性が良いようです。植え終わって、まだ時間が余ってましたから、脇の方にパパイヤの苗木を20本ほど植えました。もう50センチほどに育っています。パパイヤは猿の大好物のようです。数日前にハウスの中で大きく育っていたパパイヤの実がなくなっているのに気がつきました。まだ青かったのですが。首を傾げていたのですが、今日は里芋を植えていた畝にパッションフルーツの実が落ちていました。はっとして、ハウスを調べたところ、なっていた実が消えていました。どうやら猿の仕業らしいのです。あんな青い実なのに。先日、工房の裏で三匹ほどの家族らしい猿を見ました。昔は多くの群れでギャーギャー騒ぎながらやってきたものですが、あの家族猿たちは声を出すことなく、静かに行動しているようです。ハウスに侵入しても、その場で食い散らすことなく、持ち出して食べるようです。猿はリーダーの性格によって行動が変わると何かの本で読みました。どうやら用心深い群れのようです。パッションフルーツも残念ですが、今日植えつけたパパイヤに実がなるようになったら、いったいどうなってしまうのでしょうか。ハウスにはまだ植えつけを待っている苗が30本近くあります。近々どこかに植えたいと思っています。野菜畑には猿対策のためにネットを張り巡らしました。ところがそのネットもたぬきらしいのが食い切って侵入しています。野菜作りは虫や病気との戦いでもあります。台風や大雨、それに厄介なサイレントモンキーまで加わってくるとは。だからと言って諦めるわけにもゆきません。戦いは続きます。

2021年5月2日日曜日

収穫

風も強く肌寒い日でした。五月とは思えません。今朝は落花生のタネをまきました。と言っても、島のホームセンターで手に入れた、中国製の生の落花生ですが。あまりの安さに思わず買ってしまいました。真空パックの袋にずっしり、800グラムもありました。去年はちゃんとした、タネ用の落花生を蒔いたのですが、雨が続いて全て腐ってしまいました。今年は駄目元で大量の豆を植えてみました。そのあと、枝豆と三尺ササゲも蒔きました。枝豆はハウスにふた袋、ポット蒔きしたのですが、ほとんど消えてしまいました。おそらくトリに食べられてしまったのでしょう。入り口を開けっ放しにしていて、ヒヨドリがいつも入り込んでいましたから。そこで、まだ時間がありましたから、ミニトマトとソラマメを収穫しました。ミニトマトは前回の四分の一ほどでしょうか。



ドライトマトにする予定です。ソラマメは二度目の収穫。もう黒くなっていてかなり痛んでいました。恐らく今回で終わりでしょう。植えっぱなしで全く手入れをしなかったので、すっかり草に埋もれていて、ほとんど腐ってしまいました。世話をしてあげないとこうなってしまうのかと大いに反省しています。皮をむいてさっと茹でたのですが、なんとか食べられると良いのですが。



工房では一日中削り。腰が痛くなりながら、なんとか削り終えることが出来ました。 

2021年5月1日土曜日

草取り終了

 とりあえずは、草取り、一周り終えることが出来ました。明日までかかると思いましたが。終わったと言っても、人が見たら、ただの草だらけの荒れ地にしか見えないと思います。野菜の花たちが咲き乱れていますから。だいぶ間引きはしましたが。そのままにしておくとまたカタツムリが大発生しそうですし。今年は種取りしてみようかと思います。タネが取れれば来年からは種代が節約できますし。まあ、放っておいても落ちダネで出てくると思いますが。不耕起栽培の利点はそこにあるように思います。今もサツマイモやサトイモが掘り残したタネからあちらこちらに顔を出しています。土も耕運機を入れてない割にはだいぶ柔らかくなってきたように思います。仕事場は連休に入ったというのに静まり返っっています。去年と一緒です。もう諦めていますが。