2021年9月28日火曜日

離れ

 この前、離れに置いてあった木の箱を持ち上げた時、シロアリがついていました。畳の上に敷いてあった養生シートを持ち上がると、たくさんうごめいていました。どうしたもんかと考えました。前にも一度入られて、その時は床下に入って駆除剤を散布しました。今回も同じ方法でやっつけようかと思いましたが、以前シロアリ屋さんから分けてもらったベイト剤があったのを思いだしました。ベイト剤は薬剤を染み込ませた木片をシロアリに食べさせて、巣に戻ると、巣ごと退治するというものです。ただうまく食べてくれるか、食べたとしても退治までかなりの時間が必要になります。やっつけることができればしばらくは、やってこなくなるようです。それで、今回はベイト剤を仕掛けてみました。ただ、当分は様子を見るしかなくなりました。おそらく、畳はもうダメでしょう。だから、この先離れをどうリフォームするか、今考慮中です。最近は物置化してますから、この際使いやすいように改造したいと思います。あと残すところ3ヶ月。大工仕事で今年は暮れてゆきそうです。

2021年9月27日月曜日

ナメクジ

 ようやく玉ねぎの芽が出ました。種まきから1週間かかりました。気温が高かったのでダメかなと思ったのですが。昨日は、これでなんとかなりそうと思ったのです。今朝、トレーを見ると、なんだかヌメッとした茶色の物体がいました。長さが7センチほど、胴体の直径が2センチはあります。どうやらナメクジのようでした。手で掴むと、ぬるっとしてゴワッと硬い体でした。トレーでは、やっと出てきた芽が全て食べられていました。普段あまりナメクジに気がつかなかったのですが。家族に言うと、よく見かけるとのこと。知りませんでした。野菜に悪さをするのはカタツムリかと思っていたのですがナメクジの方がはるかに凶暴なようです。可愛い芽を食い荒らす姿は、怪獣のように見えます。次から次へと、強敵が出現してきます。なんとか乗り越えないと、来年の玉ねぎにはお目にかかることができそうにありません。

2021年9月26日日曜日

里芋

今朝は里芋を掘りました。畑のあっちこっちで出てきた野良生えのさといもです。去年の掘り残しから育ったものです。雨が多かったせいでしょうか。結構立派な芋が取れました。畑の奥の畝を掘ったのですが、この後一度耕して秋蒔きの野菜の種を蒔こうと思います。新しい畝を立てようかと思ったのですが、今ある畑を整理することにしました。うちの畑は里芋だらけですから、これから少しずつ、整えてゆこうと思います。 

2021年9月25日土曜日

腰痛

ここのところ、一日中椅子に座って筆を持つ仕事を続けています。決して嫌いな仕事ではありませんが、腰がいたくなってしまいました。作業台の高さが合わなかったのでしょう。立ち上がってもまっすぐ伸びてくれません。おまけに毎朝、前かがみになって草取りをしています。この仕事も良くないのでしょう。今朝はその草取りが一区切りつきそうなところまできました。最後に草刈機が待っていました。もっとも腰にきそうな作業です。ダメなようでしたら、すぐに止めるつもりでしたが、なんとか騙し騙し終えることが出来ました。これで一安心。ただ次の試練が待っています。草を払ったところに新しい畝を作ろうというのです。畑がいっぱいで野菜の種をまくところがなくなってしまいました。できることなら新しい畑を作らないといけません。耕運機もかけなければ。この腰、果たして持つのでしょうか。 

2021年9月24日金曜日

栗ご飯

有田の友人から栗が届きました。早速夕食に栗ご飯を炊いてくれました。茶碗蒸しにもクリ。秋の味覚でした。年々四季の変化がなくなってきたように感じますが、やはり味覚の秋ですねえ。今朝、離れで木の箱を持ち上げたところ、シロアリが食っていました。今年は雨が多かったので、シロアリも活発なようです。放っておいたら、家がダメになりますから、なんとか退治しなければなりません。日々、いろんなことが起きるものです。 

2021年9月23日木曜日

十六夜

 昨日の十五夜は曇って見ることができませんでした。今朝は、青空が広がって星も見事に輝いていました。もちろんお月様もバッチリ。ただ、一晩で随分欠けるものですねえ。なんだかあまり感動しませんでした。やはり来年の十五夜を待つしかないのですかねえ。ところで毎年十五夜の晩には、各集落で綱引きと相撲大会が行われるのですが、去年に引き続いて今年も中止となりました。運動会もやらないようです。コロナは罪作りです。ただここのところの急激な減少、一体どうしたことでしょうか。専門家でさえ首を傾げているのですから、我々に分かるはずがありません。このまま、消えてしまってくれると良いのですが。コロナの方もあまりやりすぎると、絶滅させられるのではと作戦を変更したのかもしれません。このまま、落ち着いて、お客さんが動いてくれるとありがたいのですが。

2021年9月22日水曜日

朝雷

今朝の天気。雷が遠くでゴロゴロ言ってましたが、なんとか散歩までは降り出しませんでした、歩いていると、緑色の空に変わって、近所の人がベランダから空を見上げていました。不思議な色。思わず、「緑色の空」と、空を指差して叫んでしまいました。「きれいな空」と返ってきました。それから雨が落ちてきて、雷が近づいてきました。朝雷は晴れると昔隣のおばさんが教えてくれましたが、そのとうり、午後から日も差してきました。雨に降られて、陽に照らされて、玉ねぎのタネは芽が出てくれるのでしょうか。