2021年6月20日日曜日

花壇

 昨日は誰も、熱も出ず、痛みもひどくならず、無事朝を迎えることができました。次男を一番心配していたのですが。今朝はサトイモ畑の草取りを予定していたのですが、花壇の草が目について急遽変更。ちょうどタネを蒔いて育てていた花の苗も植えました。今年は百日草があまり育たず、鶏頭ぐらいですが。ヘチマも植えていたのですが、なんとかやっと生き延びている状態で、蔓を這わせるためにパイプでアーチを作ってあげたのですが、なんと誤ってヘチマの根を抜いてしまいました。それも二つともです。急いで植え直しましたが果たして生き延びてくれるか心配です。同じ花壇で消えてしまったと思っていたルドベキアが一株、生き残っていました。こんな嬉しいこともあるのかと早速息子に報告しました。隣の空き地では枯れたと思っていたカボチャが一株、生き延びて元気に花を咲かせていました。植物は育ててみないとわからないものです。全然ダメだろうと思うようなところが案外居心地が良かったりするものです。それにしても雨続きの後の草の伸び方。いくら抜いてもとても追いつけません。

2021年6月19日土曜日

ワクチン

 今日摂取しました。第一回目です。九時の予約でしたが十五分ほど早くゆきました。既にたくさんの人が椅子に座ってました。ほとんどが、既に接種を終えて15分間の観察時間に入った人たちでした。利き腕ではない右に打って欲しかったのですが、先生の位置が向かって左でしたので、左の方に打ってもらいました。痛くありませんからねえとおっしゃったのですが。針が入る瞬間にずきん、結構痛く感じました。先生がどうでしたかと尋ねたので、思わず、痛かったですというと、大きな声で、痛かったですかと言われました。実は、朝、草取りを頑張りすぎて、手首が半分つりかかっていたのです。おそらく肩の筋肉までカチカチになっていたのだと思います。筋肉に注射するわけで硬くなったところに針を刺して痛みが走ったようです。工房に戻って、ネットで調べてみましたが、ほとんどが痛くなかったと出てきます。どうも例外的なことだったのかもしれません。しばらく休んだ後、ぼちぼち次の制作の準備に取り掛かりました。もちろん先ずは木工からです。設計図を書いて、それから細かい寸法表を作ります。あとは必要な材料の計算と、足りない材料の手配です。陶芸と違って、木工は取り掛かるまでの準備が大変です。何度も変更したり、計算し直したり、それでも間違いにあとから気がつくことが多くて、われながら情けなくなります。最後に、どのような道具を使って、どんな手順で進めたら良いか、頭の中で何度も趣シュミレーションして、やっと実作業に入ることになりそうです。

2021年6月18日金曜日

しつこい奴

 大昔、屋久島で陶芸をやるために5人のメンバーが集まりました。そんな仲間たちで唯一残ったのが、一番しつこい奴と言われた男でした。あれから50年、今でもしつこくこの島でやり続けています。昨日はあれほどやめようと思った仕事。一晩経ったらもう次を考え始めています。チラシが入った今日のホームセンターの売り出し。雨降る中、肥料を買いに走りました。そのあと、島の杉を買いに、すぐ隣の木材店に寄りました。今度は、前のよりもひと回り大きな形に挑戦することにしました。前のは手作りタイルを二つ使いましたが、今度は四つと、六つを使う予定です。それだけ板も厚くなり、難易度は上がりそうです。材も接がないといけません。そして次のタイルも作り始めました。もちろんそればかりやってるわけにはゆきませんから、普段の器も作りながら、並行してやろうと思います。諦めが悪く、本当にしつこいやつです。

2021年6月17日木曜日

がっくり

やっといくつか試作しました。タイルを接着したあと、目地で埋めてみたのです。ところが思った感じではないのです。イメージでは青い色が輝いて、杉の木目に映えるはずでした。まず、目地剤を適当に練ったのがよくありませんでした。べちゃべちゃ。それに、用意していた量では全然足りません。まあ、いくつか作って様子がわかればと、目地剤を流したら、飛び散って、板に色がついてしまいました。シミのような汚い色ムラです。オイルとワックスをぬってたので

はじくと思ったのですが。汚れがしみ込んでとれません。それだけでなく、目地の部分が多すぎて、タイルが埋まってしまい、どう見ても薄汚いのです。がっくりです。長い時間と手間をかけた結果がこれです。。柄になく期待しすぎました。もう木工はやめようかと思います。前に、シンガポールから注文を受けた包丁置きはソコソコの出来だったのですが。陶器と木を合わせてバランスを取るのは至難の技と痛感しました。昔クラフト研究会というのをやっていて、屋久杉加工の人と、いくつか組み合わせて作ったのですが思うような結果が出ませんでした。今また、あのときと同じことを繰り返していることに、やっと気が付きました。がっくりです。

 

2021年6月16日水曜日

片付け

 やはり、半日かかりました。工房の掃除と片付けです。木屑だけで、大きなダンボール箱がいっぱいになりました。掃除機で吸いあげたのですが、ホースが何度も詰まってしまいました。木工は吸塵を考えないと大変なことになります。まあ、たまの作業ですからなんとかなりますが、毎日だと体にも触りそうです。午後はオイル塗りをしました。オスモオイルというドイツ製の体に良いという材料だとか。動画で見て買ったものですが、実は20年前に家を建てたときに床に塗ったのもこれだったと思い出しました。家の床は杉の板を使ってもらって、それに二度オイルを塗りました。大きな缶で二缶使ったと思います。あとはタイルを接着剤で貼って、目地を詰めると出来上がりです。できれば最後にワックスで仕上げたいと思います。昨日はいい感じにできたと思ってたのですが、今日になって、塗装をするとあっちこっちあらが目につくようになりました。ああすればよかったこうすればよかったと色々出てきます。何事も経験が大事ということでしょう。

2021年6月15日火曜日

木工終了

 午前中、ベルトサンダーで曲線を削り、午後トリマーで縁を仕上げて全ての木工作業はほぼ終わりです。ところが最後の最後にトリマーがこわえてしまいました。モーターが焼き付いて動かなくなりました。40年も前の超がつく骨董品ですから。つい最後だと思って、長時間回し過ぎたようです。仕方がないので、4000円で買った、中国製を使おうとしたのですが、ビットの長さが足りずトリマーテーブルから先が出てきません。この作業のためにわざわざ作ったのですが。困り果てて、もう一つ、ケースが割れた古いトリマーがあったのを思い出して、なんとか無理して取り付けて使うことにしました。動き出せば早いものであっという間に作業は終わってしまいました。やはり、機械の力はすごいなあと感心してしまいました。終わって見てわかったのですが、超骨董の古い機械と安い中国製の道具ばかり。だましだましの連続でした。わからないことにぶつかると、動画を何度も繰り返し見ては、見よう見まねで形だけは作ることができました。まあ、木工のプロが見たら笑われそうなものですが。あとは工房の片付けが待っています。何しろ木くずと削った粉で足の踏み場がありません。それに散乱した道具。さびた道具に油をつけて動くようにするところから始めるわけですから、大変な散らかりようです。土曜日から四日、夢中でやってましたので。片付けが終われば塗装が待っています。あとは最後のタイル貼り。結構大変な思いをして作ってますが、食卓に置く小物です。そんなに高い値をつけるわけにもゆきませんし、果たして買ってくれる人が現れるのか。前にお雛様を作った時も、苦労した割にはあまり売れませんでした。ものを作る仕事は、割に合わないなあと思ってしまいます。


2021年6月14日月曜日

平日木工

 今日も木工です。週末だけではいつ終わるのかわかりませんんから。早いところやっつけてしまおうと思ったからです。いい加減疲れてきました。陶芸なら毎日続けることに慣れているのですが。ところが、山水が圧がなくて、山を歩き回って原因探しをさせられました。水源地にも何度も上がって、色々手を加えるのですが、なかなか原因がわかりません。そんなわけで木工も進みません。昨日バンドソーで切った曲線のノコ目を消す作業ですが、最初、ボール盤に円柱型のヤスリをつけて削ったのですが、なかなか捗りません。そこで、ベルトサンダーでの作業に変更しました。ベルトサンダーで曲線が削れるか心配でしたが、やってみるとスピードは上がるし、ツルツルに仕上がります。なんだか急に腕が上がったような気持ちになりました。そうなると午前中の仕事が気に入らなくなります。明日もう一度ベルトサンダーで削り直そうと思います。あと二日頑張れば、ほぼ成形作業は終わりそうです。あとはぼちぼち暇を見て進めてゆこうと思います。