2022年8月17日水曜日

探し物

 朝から探し物。ひとつは膝に塗る薬。予備にと買っておいたものです。もうひとつは書類。大切なものなのでと、どこかに仕舞い込んだようです。嫌なものですねえ、1日がこれから始まるという時に。「探し物はなんですか。見つけにくいものですか。」歌など歌っている時ではないのですが。「夢の中へと行ってみたいと思いませんか。」まあ、落ち着いて、ゆっくりと探してみましょう。

2022年8月16日火曜日

スズ

だいぶ元気になりました。今朝の散歩はフルコース。引っ張られて、小走りでやっとついてゆくほど。こっちの足もだいぶ回復してきましたから。流石に、帰り道はゆっくりでしたが。お盆を越すのは無理かもと思っていたのですが。まあ。超高齢犬ですから、波があるとは思います。1日1日を大切に。「明日あると 思う心の徒桜」という歌を心に刻みつけて。

2022年8月15日月曜日

連敗

 やっと脱出しました。このままずるずる行って、一昨年の悪夢が再現するのではと。あの連敗記録も夢、昨年の優勝も夢。過去は夢と同じようなもの。人は今という一瞬を生きてます。この一瞬は、あっという間に過去になってゆきます。「奢れるものは久しからず ただ春の夜の夢の如し」いつ何が起こるかわかりません。今という瞬間を大切にして、羽ばたくしかありません。前を向いて、ツバメのように。


2022年8月14日日曜日

お盆

 盂蘭盆が昔の呼び方とか。仏教では、年に一度亡くなった人の魂が、帰ってくると言います。明日の送り火でお別れです。今日は中日。と言っても、世間のしきたりとは無縁の我が家です。特別のことはなく、ただ、淡々と日々を送るだけ。昨日はツリーを仕上げました、本当だったら、来年の縁起物を作っているところですが。洋の東西、違っても、クリスマスのものを作っているのは、笑ってしまいます。季節を先取りするのが、物作りの宿命でしょうか。


2022年8月13日土曜日

区切り

 陶芸50年。はじめて屋久島に来たのが1972年の夏でした。あれから50年。半世紀が経っていました。ろくに技術もないのに、生意気にも独立宣言をして、がむしゃらにやってきました。色々な人に支えられながら。そんな中の一つがお正月に使われる縁起物の小さな神様です。未熟な仕事でしたが、暖かく見守っていただき、気がつけば半世紀。それが突然に終わることが決まってしまいました。いろいろゴタゴタがあって、予感はしてたのですが。昨日、電話で正式に告げられました。ああ、終わってしまうんだなという寂しさと、ちょっとホッとした気持ちもあります。決して簡単ではない仕事で、いつまで続けられるのだろうかと、不安も感じていましたから。経済的にも、苦しい時代、なんとか年を越してくることができたのも、この仕事があったからです。気がつけば半世紀、一度も途切れることなく続けてくることができたことに感謝しております。ここまでくることができたのも、支えてくれた家族や助けてくれた多くの人達のおかげとおもっています。さてこれからです。この先、秋の数ヶ月が自由に使えることになります。どう過ごしたら良いのか、今は思案中ですが。一つはなかなか進まないオブジェ作りです。仏像も、手をつけてからあまり進んでいません。数日前から、ツリーを作っています、昔作った、木をイメージしたオブジェ。気がつけば、工房からほとんど消えていました。灯台や家も。いろいろ浮かんできます。せっかく与えられた時間です。楽しんで、やってゆきたいと思っています。

2022年8月12日金曜日

掃苔

 掃苔趣味というそうです。色々な人のお墓参りをすることを。好きが作家さんや芸術家のお墓を拝んだり、ついでにちょっときれいにしたりする。そんな趣味を持っているわけではないのですが。自分の家の墓でさえ、年に二度、盆と正月ぐらいしかお参りしません。今朝は盆前のお墓参り。墓石は、普通に中国産ですが、一番上の石だけは、屋久島の自然石を使いました。川から見つけられた。自然の凸凹があって、ちょうどそのあたりに苔が生えはじめています。ほとんどが黒い苔でしたが、今朝一箇所、緑の苔を見つけました。おそらく、何年かしたら、緑の苔に覆われる日が来る予感がします。屋久島の石に、屋久島の苔、そんな時が来た頃には、おそらく自分もその下に入っていることでしょう。屋久島の人間として。

2022年8月11日木曜日

看板

 県道に面した、看板の周りの草を払いました。気になっていたのですが、膝の調子がまだ本当じゃなくて。でも、お盆前を終えてよかったと思います。ついでに、ゴミステーションの方まで。車で走ると目立ちますから。一応、工房の顔ですし。スズも今朝は少し元気を回復したようです。車で公園まではゆきましたが、しばらく歩き回ってくれました。