2022年12月6日火曜日

待てば海路の日和あり

 久方ぶりの青空が朝から広がりました。待ちに待った庭木の剪定をしました。カミさんから何度も言われてましたから。ベンジャミンが鬱蒼として。センダンが枝を大きく広げて家の屋根に届きかかってます。どうやって切ったらよいか、見上げては思案してましたが、結局、考えていても答えは見つかりません。チルホールで引っ張ろうかとも思ったのですが、ワイヤーをひっかけるために登ることが恐ろしくて勇気がわきません。結局二段梯子をいっぱいに伸ばして、途中を梯子が動かないように木に縛り付け、何とか最上部まで登って、チェンソーで切りました。何とかうまくゆきそうだったのですが最後に木に挟み込まれて取れなくなってしまいました。工房に戻って、くさびを持って打ち込んだのですが、重さで食い込んでくれません。チェンソーにロープをつないで落ちても途中で止まるようにして、切りかけの木を力いっぱいゆすったら、何とか外れてくれました。ユーチューブで見たときはくさびが簡単に入っていったのですが、梯子の高いところでは不安定で力が入らず、食い込んでくれなかったのだと思います。やはり、何事もやると見るとでは大違いです。とにもかくにも、今日一日、けがもなく無事作業ができたことに感謝しています。今夜はよく眠れそうです。

2022年12月5日月曜日

型取り

、午後石膏の型取りをしました。陶芸仕事。その前に白化粧の改造。後、一歩。少しだけ生がけ用の化粧があってません。石膏の型は、サーバーです。家にあったサーバーの形が気に入って、それをそのまま土に写したら良さそうなので、石膏で型取りです。そのまま流し込むと石膏がくっついて、使えなくなりそうなので、ラップを巻いて直接石膏に触れないようにしました。それが失敗のもと。ラップが浮いてしまい、ラップのしわの見苦しいことこの上ありません。初めから土で原形を作るべきでした 。手をぬいた罰。何とか修正できないかと、石膏の技法書をめくって、水につけてしっかる吸わせて、濃いめの石膏を筆で塗ればなんとかなるとか。ただしそれでうまくゆかないときは初めからやりなおせとのこと。石膏を塗って何とか指でこすってならしたのですが、どうも手遅れみたいでした。昨日は車が錆びて穴があいたところを修理したのですが途中で雨が降ってきて、ヤスリがけが中途半端なうちに塗料を塗ってしまい、段差ができてしまいました。どちらも焦りが原因。慌てる乞食状態です。二連敗。もう少し落ち着く必要がありそうです。

2022年12月4日日曜日

天候不順

 ここのところの天気。雨か曇り空ばかりです。外で作業するのには全く不向きです。そんな時に限って、屋外でやりたいことばかりです。朝から、合羽を着て庭の木の剪定をしたり、クルマの錆び取りと塗装、チェンソーの修理。チェンソーなどは、仕方なく工房の中でエンジンをかけて、排気ガスのにおいでいっぱいになってしまいました。それと異様な温かさ、庭木の葉が落ちるのをまっていましたが、いつになるやら。待ちきれません。こんな年もあるのでしょうね。

2022年12月3日土曜日

種蒔きとメンテナンス

大根の種を蒔きました。二ヶ月ほど遅かったので果たして根が育つのか。去年もスが入ってダメでした。まあ、ダメでも自業自得です。時期を守ってませんから。そして、工房ではノコの目立て。古いノコで、大昔、カミさんの父親が使っていたものです。折り畳みノコで全く切れません。それに目立てヤスリが全く効きません。一本あっという間にすりつぶしてしまいました。おそらくステンレスだと思います。ステンレスって硬いんですね。ヤスリは諦めて、刃物研ぎ用のグラインダーで何とか削ってみました。刃があっちこっちに当たって、かなり乱れた刃並びになりましたが、試してみたらそこそこ切れるようになりました。午後からはチェンソーの調整です。一つ、どうしてもかからないのがあります。長い間、置きっぱなしだったので、致し方ありません。今日も、全く陶芸活動はお休み。いつになったら、制作できるようになるのでしょうか。

2022年12月2日金曜日

インフルエンザワクチン

 夕方、家族そろってインフルエンザワクチンの接種にゆきました。毎年の恒例行事。カミさんがこれでほっとしたと言いました。午前中は、息子が獣医さんのところへゆきました。犬が、食欲がなくなって、だいぶ弱っています。もう年ですから。それでも何とか元気になってほしいと必死です。自分の子供のように可愛がっていますから。ちょっとクールな我が身とは大分違います。これまで、何匹の犬を飼ってきたでしょうか。ただ、どの犬も家の外で飼ってきました。今のスズを飼うまでは。スズが家に来た時、血圧が高くて、目が回ってしまいました。そこで一緒に歩いてもらう為に来たのです。それから毎朝、散歩に付き合ってくれました。土日は息子が担当して。気がつくと、餌の世話もシャンプーも身の回りのことはほとんど息子がやってくれました。愛情もひときわ強く感じているようです。年も年ですし劇的に元気になるとは思いませんが、なんとかもう暫く、一緒に暮らして欲しいと願っています。息子は今日二軒の医療機関に行ったことになりました。健康の有難さが身に染みたようです。

2022年12月1日木曜日

楠の木

 家の前の楠の木の枝を落としました。こん回最大のミッションです。巨大化して、これ以上放っておくと手に負えなくなるのが目に見えています。どうやって切ったらよいか、毎日考えていました。果たして、無事に切ることが出来るのか。昨日はそのための準備をしました。朝から曇り空、時折雨が舞っています。使うのは植木梯子と高いところは二連梯子です。切る道具はチェンソーと鋸、それに鉈。後は命綱と安全帯です。今日と明日、二日がかりの予定でしたが、なんと一日で終えることができました。下の庭の枝打ちでだいぶ慣れていたようです。枝が太いので、二本分で軽トラの荷台がいっぱいです。何回運んだことか。なんにせよ、無事にやり終えたことが一番。ひざを痛めたときはもう一生、こんなことできないかもと思っていました。ここまで回復できたことに感謝しています。

2022年11月30日水曜日

目立て

山 今日は、のこぎりの目立てをしました。立ち木を切るための腰鋸、二本。本格的に。道具もいろいろ揃えましたから。あさり槌も鋸万力も。ユーチューブで勉強しました。結構切れそうになりました。午後は車のさび落とし。ところがただ錆が浮いていただけではありませんでした。鉄のところまで錆が行って、穴が開いていました。パテで埋めないといけませんが、持ってません。慌てて注文しました。そこで、チェンソーの目立て。やすりがさびていて、うまく研ぐことが出来ません。何とか一通りやってみましたが、果たして切れるようになるのやら。先日の大雨で、家の入り口の砂利が流されてしまいました。家にあった、砂利を運んだのですが、その時使った一輪車を持ち上げたら大量のヒル。人の血を吸う嫌な奴がなぜかうじゃうじゃ。明日は水源地に、山からひいている水道の修理にあがらなければなりましせん。あの辺はヒルの生息地。思っただけでも身の毛がよだちます。